ARTICLE
記事詳細

コラム
2018/11/30

【例文付き】インターンシップに受かる!志望動機書き方の極意

インターンシップの志望動機が書けず、悩む就活生も多いのでは? そこで今回は、人気企業のインターン選考を突破した例文と共に、インターンシップ志望動機の極意をお伝えします。
【例文付き】インターンシップに受かる!志望動機書き方の極意

FOLLOW US

InstagramLine

インターンシップ「志望動機」の書き方。4つの極意

ではまず、インターンシップESの志望動機を書く上で、前提となるポイントを整理していきましょう。

インターンシップの志望動機を書く上で欠かせない4つのポイントは、以下の4つです。

・ポイント① 参加したい理由を端的に、書き出しで述べる
・ポイント② 業界に関心を持った理由を述べる
・ポイント③ 企業や職種、インターンシップに関心を持った理由を述べる。
・ポイント④ 自分自身の原体験を、志望動機の「根拠」として使う

それでは、4つのポイントについて順番に解説していきます。

ポイント① 端的に参加したい理由を書き出しで述べる
1点目は、エントリーシート「志望動機」の書き出しで、参加したい理由を述べること。

インターンシップの志望動機は、企業側にとって参加したい理由やインターンシップに参加する上での目的意識を確認するためのものです。

そして、インターンシップへの熱意の高低を就活生の志望動機から判断し、最終的に参加させる就活生を決めます。

そのため、ESの書き出しに結論(=つまりインターンシップに参加したい理由)を述べると、企業側に自分の熱意が伝わりやすい志望動機となります。

ポイント② 業界に関心を持った理由を述べる
インターンシップの志望動機を書くポイントの2点目。
それは、その企業が属する業界に対し、興味を持った理由を述べること。

もちろん、インターンシップの志望動機ではその企業に入社したい理由を述べる必要はありません。

ただ自分がどういった志向性を持ち就活を進めているか、その中でなぜこの業界に対して興味を持ったのか、これらを述べることでまずは一貫性をアピールすることが重要です。

ポイント③ その企業もしくは、インターン内容に関心を持った理由を述べる
ポイントの3つ目は、その企業、インターンシップに参加したいと思った理由を述べること。

その企業もしくは、インターンシップに興味を持った理由を述べることで、インターンに対する志望度を強くアピールできます。

しかしあくまで、「インターンシップに参加したい」旨を伝えられれば十分です。つまり、「御社に入社したい」といった入社前提のニュアンスで書く必要はありません。

ポイント④ 自分の原体験や学生時代の経験を志望動機に織り交ぜる。
最後のポイントは、自分の原体験を志望動機に織り交ぜること。つまり、自分は学生時代どういう経験をして、その業界や企業、職種に対して興味を持ったのかという経験をベースに、志望動機を書く必要があります。

それにより、他の就活生には書くことができない、あなただけの志望動機を創れるかどうか。ここが最も大きいポイントです。

まとめると、自分の「原体験」や「主観」をインターンシップの志望動機に組み込むことが必須。

一方で、企業に対する「客観的な情報」を志望動機に組み込んでもアピール効果は弱い。

例えば「業界でトップシェアを取っている御社に興味を持ち…」「従業員満足度で日本企業においてもトップである御社に興味を持ち...」といった志望動機の書き方は効果的ではありません。

なぜなら、こういった文章は誰でも書けるため。


あくまで「業界シェア」「従業員満足度」といった企業の客観的な情報でなく、自分の価値観や学生時代の経験を組み込むことが志望動機を書く上で重要です。

実際にインターンシップを通過した志望動機が知りたい。インターンに向けてESの徹底対策をしたい。そんな21卒の方に向けて、内定者のES集やESの徹底対策資料をご用意しました。インターン選考対策にご活用下さい

※サマーインターン通過に向けて。図解でわかるES対策資料、内定者のES150選、無料ダウンロードはこちらから↓

通過者の志望動機から学ぶ、インターンシップ参加のポイント

ではここからは、先輩の志望動機を元に、志望動機を書く上で必要な要素を分析していきます。

ここではコンサル、ITベンチャー、超大手EC企業、3社のインターンシップ選考を実際に通過した「志望動機」を元に解説します。

アビームコンサルティング_ ES(2018卒_冬インターン通過)
ESの本文は以下のページから
アビームコンサルティング_ ES(2018卒_冬インターン通過)

本ESは、「アビームの戦略コンサルタントコースに応募した理由を教えてください。」といった設問で、インターンシップへの志望動機を聞いています。

この通過者の回答を見ると、以下の3点が特徴と言えます。

1点目は、書き出しに戦略コンサルタントコースに応募した理由が述べられていること。「プロフェッショナルとして専門性を持ちながら取り組める仕事を選びたい」ことがインターンを志望した理由と明確に提示しています。

2点目は、自分自身のキャリアの軸が、コンサルティング業界とつながっていること。ES本文で回答者は「複数の会社の役員として経営者を支える生き方がしたい」というキャリアの方向性を提示している。

さらに、そのキャリアを実現するために「若い年次で経営者と関わる仕事が必要」とし、コンサルティング業界に対する志望理由も明確に述べられています。

3点目は、自分の人間性や過去経験が、戦略コンサルタントに興味を持った理由として書かれていること。それにより、自分自身の原体験と戦略コンサルタントとのつながり、インターンに関心をもった理由が根拠を元に伝えられています。

こちらのESを見ると前段落で紹介した、4つのポイントの内3つを抑えられている。企業側にとっても納得感の高い志望動機と言えるでしょう。

グノシー_ES(2019卒_夏インターン通過)
ESの本文は以下のページから
グノシー_ES(2019卒_夏インターン通過)
こちらのESは「グノシーのインターンに参加したい理由を教えて下さい」といった設問内容になっています。

この通過者の志望動機を見ると、以下の2点が特徴です。

1点目は、先ほどと同様書き出しに参加したい理由を述べています。「インターンを志望した理由は、新規ビジネスを企画し成長したい」といった内容です。

インターンのワーク内容を把握した上で、インターン参加への目的意識が伝わる内容と言えます。

2点目は、社会の潮流を捉えた自分の価値観を述べていること。「社会のスピード感が従来にも増して早くなっている。だからこそ新規事業を創り成長させる能力が必要だ」といった回答者の私見が述べられています。

この自分の価値観と急成長中のベンチャー企業であるグノシーの姿が重なっているため、インターン参加への動機づけとしては充分でしょう。

やはり個人の「主観」を明示し、インターンシップの趣旨や企業の姿と重ね合わせることで、志望理由がより明確に伝わりやすいESを作れるのではないでしょうか。

amazon_ ES(2018卒_夏インターン通過)
ESの本文は以下のページから
amazon_ ES(2018卒_夏インターン通過)

こちらのESは、「Amazonのインターンを志望する理由を教えて下さい」という設問です。

志望動機の概要としては、Amazonのインターンを志望した理由として、「ES事業への知見を深めたい」「自分の強みを把握したい」という2つが挙げられています。

このESに特徴的な点は、先ほどのインターン志望理由2つに対して、学生時代の経験がその根拠にあると示せている点です。

例えば、「EC事業への知見を深めたい」背景として回答者の「EC事業でのアルバイト経験」が根拠として述べられています。

一方で「グループワークで自分の強みを把握したい」背景としては、「長期インターンで出来なかった経験をしたい」といった自分の想いを述べています。

こちらのESの回答者は書類選考を突破し無事インターンに参加できたとのこと。

インターンへの志望理由に対して、学生時代の経験を根拠に伝えられると説得力のあるESが作れるのではないでしょうか。

皆さまも、これらESの志望動機を参考に、インターンシップの志望動機をブラッシュアップしてみて下さい。

※サマーインターン通過に向けて。図解でわかるES対策資料、内定者のES150選を無料ダウンロードはこちらから↓

銀行、食品、IT。人気3業界のインターンシップ志望動機例文

ここまでは、外資コンサルそしてITベンチャーのESを元に志望動機のヒントを探っていきました。ESを通過しインターンシップに参加する上で、抑えるべき重要なポイントがなんとなくわかってきたのでは?

そこで、先ほど紹介したESに加え、就活生に人気の銀行、食品、IT3業界をピックアップ。銀行・食品・IT業界の志望者に向けて、3業界の志望動機の例文をお伝えしていきます。

銀行業界のインターンシップ志望動機 例文

銀行業界のインターンシップ志望動機例文
想定設問:銀行に興味を持ち、インターンに参加したいと思った理由
例文:250文字

インターンに参加したい理由は、ファイナンスの立場から企業の発展を支える、銀行業務を体験したいためである。中でも法人融資について見識を深めたい。その背景は、学生時代属していた体育会にて、後輩を選手として成長させることにやりがいを感じた経験だ。この経験から企業の発展を支える仕事をしたく、銀行に興味を持った。数ある銀行の中でも御社は国内最大手でかつ、海外事業への注力を進めている。そのため、融資業務の進め方や考え方、そしてこれからの金融ビジネスのあり方など銀行ビジネス全般をインターンシップでは学びたい。

食品業界のインターンシップ志望動機 例文

食品業界のインターンシップ志望動機例文
想定設問:あなたが食に関心を持ったきっかけと、インターンへの志望理由
例文:250文字

私は、世代を超えた幅広い人々を「健康」にしたいという思いがある。中でも食に興味を持ったきっかけは、父が糖尿病と診断されたことである。貴社のインターンを志望した理由は、人々の「食と健康」を支える貴社の理念やビジネスを経験したいからである。貴社は、子供からお年寄りまで性別や世代に関係なく,安心で健康的な生活を支えるという理念の元、製品を作り出している.また「おいしさ,たのしさ,健康,安心」を実現するために幅広い分野での商品開発している貴社の取り組みに対して強く共感した。

IT業界のインターンシップ志望動機 例文

IT業界のインターンシップ志望動機例文
想定設問:弊社のSE・営業体験型インターンに参加したい理由(200文字以内)
例文:200文字

SE・営業職として働く上で必要なスキルや能力を磨きたく、インターンの参加を志望します。私はIT企業でアルバイトした経験から、システムコンサルタントとして新しい技術と人や企業を繋ぐ役割を担いたいです。そして将来的には、貴社のプロダクトとIT化への課題を抱える企業の架け橋を志望します。そのために顧客のニーズを聞き出す傾聴力や提案力を貴社のインターンを通じて学びたいと考えます。

※サマーインターン通過に向けて。図解でわかるES対策資料、内定者のES150選、ダウンロードはこちらから↓

インターンシップ選考「面接」における志望動機の伝え方

ここまではエントリーシートにおける、「インターンシップ志望動機」の書き方をお伝えしていきました。ここからは、インターン選考面接で「インターンに参加したい理由を教えて下さい」と聞かれた際の話し方について説明します。 

まず基本的な話し方のポイントは、以下4つです。

ポイント① 冒頭に参加したい理由を述べる
ポイント② 業界に関心を持った理由を述べる
ポイント③ 企業や職種、インターンシップのコースに対して関心を持った理由を述べる。
ポイント④ 時間指定がない場合1分以内にまとめて話すこと

ご覧の通り、基本的に面接で志望動機を話す際のポイントは、ESの執筆と同様です。冒頭に参加したい理由を述べ、企業・インターンに興味を持った理由を述べることが基本です。

加えて学生が意識するべきポイントは、話す時間についてです。

面接官から「3分間で志望動機を教えて下さい」と指定がされた場合は、与えられた時間を使って志望動機を話しましょう。

一方で、面接官から時間指定がない場合は、1分以内に留めて伝えることが重要です。

インターン選考の面接に限りませんが、多くの学生は熱意を伝えようとし、長く喋ってしまう学生が多い。その結果、自分の志望動機の要点や内容が伝わらず、落選に繋がる可能性があります。

面接官に志望動機を問われた場合、1分以内で伝えるよう気をつけましょう。加えて、一般的に250文字が1分間で話せる分量と言われます。

そのため、面接用の志望動機トークスクリプトを250文字以内でまとめておくとよいでしょう。

では、面接におけるインターンシップ「志望動機」のトーク例をお伝えします。

面接におけるインターンシップ「志望動機」 例文

私がインターンに応募した理由は、ITを活用した戦略立案やコンサルティング業務への理解を深めたいからです。ITコンサルに興味を持ったきっかけは、サークル活動にて、クラウドファンディングを利用した資金調達によりプロジェクトを成功させた経験です。この経験から、私は将来IT業界に携わり、既存の概念にとらわれない新しい価値創造を提供することにより、社会に貢献したいと考えます。中でも成長スピードの速いIT 業界において、世界中の人々の生活に変革をもたらした貴社のインターンを魅力的に感じています。

インターンシップ「志望動機」の書き方

本記事では、インターンシップのエントリーシート、面接で聞かれる「志望動機」の設問に対して、書き方や話し方のポイントと例文をお伝えしました。

復習すると、インターンシップ向けの志望動機を作成するポイントは以下の4つです。

・ポイント① 参加したい理由を端的に、書き出しで述べる
・ポイント② 業界に関心を持った理由を述べる
・ポイント③ 企業や職種、インターンシップに関心を持った理由を述べる。
・ポイント④ 自分自身の原体験を、志望動機の「根拠」として使う

本記事でご紹介した、志望動機作成のポイントや通過者のESを参考に対策を進めてみて下さいね。

インターンシップのエントリーシート設問「自己PR」の対策をしたい方はコチラ↓

インターンシップのエントリーシート設問「学生時代頑張ったこと」の対策をしたい方はコチラ↓

就活で徹底的にES対策をしたいあなたへ。

本記事では、「志望動機の書き方」を解説しました。

しかし
「志望企業の志望動機やエントリーシートの例文が欲しい…」
「インターン選考で落ちないために、ESを徹底的に対策したい…」

そんな思いを持っている学生も多いと思います。

en-courageでは、

・自分の志望業界や入りたい企業を見つけるためのサポート
・ES添削・模擬面接など、内定を取るために必要な選考対策

など、就活を幅広くサポートする機会を用意しています。

「自分が思い描くキャリアを得るための第一関門、ESのサポートをしたい」
そんな思いから、今回はサマーインターンに向け「選考対策資料集」をご用意しました。

中には、総合商社、コンサルのなどの業界研究資料や、内定者のES集、ESの書き方を解説した資料を一斉ダウンロードできます。


インターン選考のESに向けて是非ご活用して下さい。

en-courageで、納得のいく就活を

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
内定者の先輩があなたのメンターとなり1対1のキャリア面談を受けられるほか、特別な選考対策や企業説明会などのイベントへも参加できます。
en-courageに登録して、メンターのサポートを受けてみませんか?
詳しくはこちら