ARTICLE
記事詳細

コラム
2018/11/21

服装自由の説明会はスーツがベスト?就活の服装問題を解決しよう

就活では、面接を受ける前に、様々な企業の説明会に参加するでしょう。中には、服装指定がある説明会があるかも。では「服装自由」の説明会へは、どんな服装をすべきでしょうか?就活の服装問題を解決すべく、ご説明します。
服装自由の説明会はスーツがベスト?就活の服装問題を解決しよう

「服装自由」の企業説明会は、スーツでも大丈夫?

結論として服装自由の企業説明会は、スーツで大丈夫です。

では、企業が説明会にて「服装自由」と指定する意図と、スーツを着ることに関してご説明します。企業が説明会にて「服装自由」と指定する意図は、2点です。面接に向けて選考をするためと、自社の社風を伝えるためです。


1点目の意図は、面接に向けて選考をするためです。企業側は、説明会で「服装自由」と指定することで、それに対する学生の反応を見極めようとします。

学生が臨機応変に状況に対応できるかを確認するためです。また、服装を確認することで、学生の人物像を把握し自社の社風に合うかどうかを確認することもできます。

面接の前段階で、ある程度学生の目星をつけたい場合に、「服装自由」の説明会を設ける可能性があるのです。2点目の意図は、自社の社風を伝えるためです。「服装自由」とすることで、企業側は、自社の風通しが良く自由な社風を、学生側に伝えることができます。


では、「服装自由」となっている企業説明会へは、私服でなくスーツを着用しても問題ないのでしょうか?結論は、スーツを着用して良いです。理由は、迷う気持ちを断ち切るため、周りと合わせるため、大きな失敗を回避するための3点です。


1点目の理由は、迷う気持ちを断ち切るためです。「服装自由」とされると、スーツで行くか私服で行くか、誰しもが迷うことになります。確信もなく私服を選択すると、自信がなさそうに見えることが少なくありません。自身がない印象を与えると、企業側に悪い評価をされてしまう危険性があります。そのため、始めからスーツで行くと決断して、迷う気持ちを断ち切り、自信満々で説明会に臨むことが重要なのです。


2点目の理由は、周りと合わせるためです。「服装自由」の説明会では、私服の指定はなく、あくまでも学生側の自由なので、スーツを選択しても間違いではありません。そのため、多くの学生は、スーツを着用することになります。自分もスーツで臨めば、周りと違って浮くこともありません。


3点目の理由は、大きな失敗を回避するためです。私服の場合、服装の選択ミスで、企業の社風に合わない恰好をしてしまい、企業の評価を落とすリスクがあります。そのようなリスクを避けるためにも、説明会へはスーツで臨んだ方が無難だと言えます。


「服装自由」の説明会で、スーツを着用するデメリットは、自分の個性を企業に伝えにくいことにあります。外見でのアピールは期待できないと言えるでしょう。そのため、質疑応答などの違う場面で、企業に自分のアピールをする必要があります。

服装自由の企業説明会に行く時の恰好は?

服装自由の説明会に行く際の服装に関して、スーツ以外で臨む場合のポイントをご説明します。スーツ以外では、オフィスカジュアルまたは私服という選択肢があります。それぞれについて、服装を選ぶポイントをお伝えします。


オフィスカジュアルとは、ビジネスの場に適した服装を指します。ビジネスにおいては、スーツの次にフォーマルな服装となります。

オフィスカジュアルには、スーツ程ではありませんが、服装のルールがいくつか存在します。ポイントは、アイテムの選び方・色柄の選び方の2点です。それぞれのポイントについて、メンズとレディースに分けた上でご説明します。


メンズのオフィスカジュアルを選ぶ際、ポイントの1点目として、アイテムの選び方に注意を払う必要があります。具体的には、襟付きシャツ・スラックス・ジャケット・革靴・ビジネスバッグを選ぶようにしてください。Tシャツ・ジーパン・チノパン・スニーカーなどは避けましょう。


メンズのオフィスカジュアルを選ぶ際、ポイントの2点目として、色柄の選び方に注意を払う必要があります。具体的には、黒・ネイビー・ダークグレーなどの暗い色で、無地のものを選ぶようにしてください。ストライプなどの柄物やベージュなどの明るい色は避けた方が良いでしょう。


レディースのオフィスカジュアルを選ぶ際、ポイントの1点目として、アイテムの選び方に注意を払う必要があります。具体的には、襟付きシャツ・ジャケット・スカートまたはパンツ・パンプスを選ぶようにしてください。


レディースのオフィスカジュアルを選ぶ際、ポイントの2点目として、色柄の選び方に注意を払う必要があります。具体的には、黒・ネイビー・ダークグレーなどの暗い色で、無地のものを選ぶようにしてください。


私服とは、スーツやオフィスカジュアルよりも、よりカジュアルな服装のことを言います。私服のポイントは、カジュアルになりすぎないよう清潔感のある服装を心がけることです。具体的には、襟付きシャツ・ジャケット・パンツ(チノパン等でも可)・革靴を選ぶようにしましょう。

Tシャツ・ジーパン・スニーカーは避けてください。アクセサリーは控え、デザインはシンプルなもの、色は暗めの方が無難です。サイズが合っているかどうかも重要です。

私服を選ぶ時も、カジュアルになりすぎないよう、ビジネスの場に適した服装になるよう工夫しましょう。

説明会に向けてスーツの着こなし方を確認しよう

説明会に向けて、スーツの着こなし方を確認しましょう。スーツには、着用する際の様々なルールやビジネスマナーが存在します。

正しい着こなし方をすることで、周囲からの好評価を得られるかも。そこで、着るべきスーツの色・柄・着こなし方・バッグに関して注意すべきポイントをお伝えします。


着るべきスーツの色は、黒色です。ダークグレー・ネイビーなどは厳禁ではありませんが、黒色に比べ少しでも明るければ、目立ちます。周りの大多数の学生も黒色のスーツを着用しているため、それ以外の色の着用はお勧めできません。企業に、チャラついた印象を与えかねません。

スーツではできるだけ個性を出さず、周りと同じ格好をするのが定石です。そうすることで、外見による判断ではなく、内面に関する評価をより受けやすくなるからです。


柄に関しては、無地のものをお勧めします。ストライプのスーツは着るべきではありません。厳禁ということはありませんが、やはりどうしても目立ってしまいます。企業に、不真面目な印象を与えかねないからです。


着こなし方に関して、ボタンの留め方に注意しましょう。まず、スーツはスタンダードである、2つボタンか3つボタンのものを選びましょう。いずれも1番下のボタンは留めません。

着席する際のみ、全てのボタンをはずすようにしてください。これは、座り姿勢で窮屈にならないようにするため、また、スーツがシワにならないためのビジネスマナーです。立ち上がる際は、再度1番下のボタン以外を留め直してください。


最後に、スーツに合わせたリュックを選ぶ際のポイントに関してお伝えします。リュックにする場合は、両肩にかけるタイプの大きすぎないものを選びましょう。

色は黒色が望ましいです。たいていの説明会時に渡されるA4サイズの資料が収まるバッグが良いです。ビジネス用に販売されているリュックが多くあるので、その中から選んで下さい。

中には、片手持ち・肩掛け・リュックの3タイプに変化する3wayの商品も存在します。3wayバッグは汎用性が高く、お勧めです。リュック以外では、片手で持てる黒のビジネスバッグが主流です。

A4サイズの書類が入るサイズで、色は黒色を選びましょう。生地は丈夫な合皮タイプが良いです。説明会や面接会場では、バッグを地面に置く場面が多いため、地面に置いた際に倒れない自立式のものが使いやすいでしょう。

説明会参加に当たり、服装選びで絶対やってはいけないコト

説明会参加に当たり、服装選びで絶対にやってはいけないことがあります。スーツ指定の場合と、服装自由の場合で、やってはいけないこと3つをお伝えします。


スーツ指定の説明会では、オフィスカジュアルや私服で参加するのは避けましょう。必ずスーツ着用で参加して下さい。

スーツを指定している企業の場合、礼儀やビジネスマナーを重んじるため、説明会時の服装が、選考の評価に影響する可能性があります。

具体的には、白色無地の襟付きシャツ・黒色無地のジャケットとパンツ(女性はパンツまたはスカート)・革靴(女性はパンプス)を着用してください。

アクセサリーはつけないで下さい。鞄は方手持ちのビジネスバッグが望ましいです。男性は、ネクタイの色柄にも注意して下さい。

シンプルな柄・色は青色が無難です。髪形は清潔に整えるようにしましょう。男性の場合は黒の短髪、女性で髪が長い場合は後ろで1つにまとめてください。


服装自由の説明会では、カジュアルすぎる服装で参加してはいけません。具体的には、Tシャツ・ジーパン・スニーカーなどが挙げられます。アクセサリーも避けましょう。

服装自由と言ってもあくまでもビジネスの場に行くことを想定し、清潔で礼儀正しい服装を意識して下さい。

en-courageで、納得のいく就活を

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
内定者の先輩があなたのメンターとなり1対1のキャリア面談を受けられるほか、特別な選考対策や企業説明会などのイベントへも参加できます。
en-courageに登録して、メンターのサポートを受けてみませんか?
詳しくはこちら