ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/07/30

【通過ES付き】IT業界を徹底対策!志望動機書き方の手法とは?

IT業界に行きたい。けどIT業界とはどんな業界なのか?志望動機の書き方がわからない、そんな就活生に。今回はIT業界の全体像に対する解説やIT業界内定者が書いた志望動機例文、コツを解説します。
【通過ES付き】IT業界を徹底対策!志望動機書き方の手法とは?

FOLLOW US

InstagramLine

年々就活生に人気の高まる、IT業界とは?

AI、IOTなどIT技術の発展により、就活生人気が高まるIT業界。そもそもITとは、「Information Technology』の略で、日本語では、情報技術と略されます。

IT業界は、一般的にはインターネットをプラットフォームにしたサービスを提供する企業(Amazonなど)。システムを開発する企業(システムインテグレーター)など様々なプレイヤーがIT業界には含まれます。

IT業界に含まれる企業は、非常に多いため、IT業界は正確な分類が難しい業界です。例えば、Amazon。Amazonのビジネスモデル自体は、スーパーといった小売店に近い業態。しかし、インターネット上でサービスが展開されるため、分類としてはIT業界になります。

また、近年では、金融(finance)と技術(Technology)を掛け合わせたFintechと呼ばれるIT企業が興隆するなど、新しいビジネスモデルや業態が盛んに生まれる分野です。

志望動機を作る前に...知っておきたいIT業界5つの分類

では様々な業態が存在するIT業界を、整理します。結論から言うと、IT業界には大枠5つの分類が有ります。

1.Web業界
2.情報処理業界
3.通信業界
4.ソフトウェア業界
5.ハードウェア業界

1.Web業界とは?
Web業界とは、インターネットを利用したサービス及びインターネット上でサービスを提供する企業です。PCだけではなく、スマートフォンの出現により新たなサービスが生まれるIT業界の中でも大きな市場と言えるでしょう。

このWeb業界の中には、Web制作代行、Web広告、ECサイト等様々な業態が含まれます。Google、Amazon、Facebook、楽天、DenaなどもこのWeb業界に属する企業です。

2.情報処理業界とは?
情報システムの構築・運用を行う業界が一般的に情報処理サービス業界に含まれます。システムの構築・運用だけでなく、ITを活用した業務効率化などコンサルティング業務も担います。

代表的な企業の中には、NTTデータ、アクセンチュア、日立製作所、富士通と言った企業群が含まれます。

3.通信業界とは?
通信業界とは主に通信インフラを扱う業界です。電話、インターネットから固定通信なども業界に含まれます。そして実はこの通信業界には大きな伸び代が見込まれます。

なぜなら、通信業界は次世代の通信システムである5Gの普及において重要な役割を果たすため。この5GはIotの普及やVR・ARといった先端技術の実用化において欠かせない技術です。

具体的な企業としては、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズのNTTグループ、ソフトバンク、KDDIなどが挙げられます。

4.ソフトウェア業界とは?
ソフトウェア業界とは、いわゆるオペレーションシステム(OS)・アプリケーションを開発し提供する業界です。例えば、Windows、MacOS、IOSなどが主要なOSとして挙げられます。

アプリケーションの中には、PC・スマホで動作するアプリや、ハードウェアを守るセキュリティソフトを含みます。

このソフトウェア業界に含まれる代表的な企業群として、Microsoft、トレンドマイクロ、日本オラクル、オービック等が挙げられます。

5.ハードウェア業界とは?
ハードウェア業界とは、PC・スマホ・周辺機器などいわゆるデバイスを扱う業界。こうしたハードウェアの企画・設計・開発・販売を行うことが主たる業務です。

代表的な企業群としては、海外企業だと、Appleやサムスン、日本企業の中では日立製作所・ソニー・パナソニック等が挙げられます。

志望動機の書き方は?IT業界に内定するための基本文法

ここまでは、IT業界の全体像や業界に存在する分類を整理しました。「IT業界って思ったよりも複雑...志望動機ってどう書けばいいの...?」といった気持ちになっているのでは?

そこで、どんな業界にも使える志望動機のフレームワークをご紹介します。
フレームワークの流れとしては3ポイントです。

御社を志望した理由を書き出しで述べる
業界を選択した理由や原体験を述べる
業界の中でもその企業を選択した理由・きっかけを述べる。

それでは、3つのポイントについて順番に解説していきます。

① 御社への志望理由を書き出しで述べる。
まず志望動機の冒頭で、御社を志望した理由を伝えます。志望動機は企業側にとって、「なぜ自社に入りたいのか?」その背景にある経験や価値観を知り、志望度を測るための設問です。

つまり企業が一番知りたいのは、「自社を志望した理由」であり、「それが妥当なものか」を判断するために、就活生個人の価値観や経験を問うのです。

そのため、結論先行で「志望理由」を伝える。その後価値観や自分の経験を伝える書き方が読み手に伝わりやすい書き方と言えます。

② 業界を選択した理由や原体験を述べる。
次に、その業界を選択した理由を伝えます。一般的に就職活動は、業界の絞り込み>企業の絞り込みと言ったプロセスで進みます。

つまり、業界への志望理由を伝えることで、御社に対する志望理由への論理的補強として使えるのです。ここでは、業界・企業を選択した根拠として自分自身の経験を書くと納得感が増します。


③ 御社を選択した理由・きっかけを述べる。
最後に業界の中でも自分が御社を選択した理由・きっかけを述べます。 こちらは、「自分は御社のどんな要素に惹かれたのか?」「そしてなぜ惹かれたのか?」「どんな経験が御社に惹かれたきっかけなのか?」を明確にする。それにより、競合他社と比較して、御社のどこに魅力を感じたのかを伝えます。

御社と競合他社を差別化する上でよく使われる要素は、「御社の人」や「企業理念」「強み」と言った企業が持つ特有の要素です。例えば、「OB訪問に参加した際、貴社の〇〇な人柄・社風を魅力に感じた経験がある」「自分には〇〇等価値観があるので、御社の企業理念を魅力に感じた」といった志望理由の訴求を行うべきです。

こうした企業の魅力を感じた経験を元に、御社を選んだ理由を伝えると、納得感のある志望動機となるでしょう。

ここまでは、志望動機の書き方についてフレームワークを解説しました。ここからはIT業界の主要企業通過ESを元に、志望動機作成のテクニックを掘り下げていきましょう。

IT業界志望動機の例文① 楽天の通過ESから学ぶコツ

楽天_ES(2020卒_本選考)


上記は2020卒で楽天に内定した先輩のインターン参加時のES例文です。こちらのESからわかる志望動機作成のコツとして、自分の価値観と企業のミッションの合致をアピールするテクニック。

具体的に解説すると、
① 自分の価値観として「目の前の他者や組織と伴走しながら、彼らの発展のために様々な方法で尽くし続ける」経験を明示。

② 会社のミッションに対する共感として「貴社のイノベーションを通じて人々と社会をエンパワーメントするというミッションのもと、自分は多様なバックグラウンドを持ったチームメンバーと共に走り続けたい」と述べる。

「なぜ入社したいのか?」といった点が厳しく問われる本選考のエントリーシート。その場合、企業と自分とのマッチ度合いをアピールする上で、自らの価値観や経験と企業を紐づけるアプローチは非常に有効でしょう。

IT業界志望動機の例文② NTTデータの通過ESから学ぶコツ

NTTデータ_ES(2020卒_本選考通過ES)

上記は2020卒でNTTデータに内定した先輩の通過ESです。
このESからわかる志望動機作成のポイントは、3つ。

① 情報処理業界を志した原体験として、自分は大学院時代の応用研究でシステム開発の効率化分野で成果を出した経験を述べている。

② 自分の強みである「思考力」を生かしたいという思いがある。この強みを生かして、顧客の課題の本質を掴み、顧客企業によりよいシステムを開発したい。

③ 業界の中でも御社を志望した理由を述べている。具体的には、「自社製品を持たず柔軟な提案ができる貴社だからこそ、顧客の本質的課題を解決するシステムが開発できる」と述べている。また御社への志望理由と自分の成し遂げたいことや経験が合致している。

こちらのESでは、業界を志したきっかけとなる経験、入社後に成し遂げたいこと、業界の中でも御社に入りたい理由といった志望動機に必要な要素が全て抑えられています。

IT業界志望動機の例文③ NTT西日本の通過ESから学ぶコツ

NTT西日本_ES(2020卒_本選考)

上記は、NTTグループの中でも通信分野に長けているNTT西日本の通過ESです。また多くの被災地の通信サービス普及活動の実績を持ち、社会貢献性も高い超人気企業。

こちらでは「NTTで挑戦したいこと」といった設問が、志望理由を聞く質問として、設けられています。ESからわかる志望動機作成のポイントは2つ。

1点目は、「挑戦したいこと」として「ICTを用いた教育現場における機会格差をなくす」と述べています。通信技術に大きな強みを持つNTT西日本と合致した内容であり、個人の意思と企業のマッチングをアピールできています。

2点目は、「挑戦したいことを実現する手段として、NTT西日本のアセットを使うというスタンス」を伝えていること。具体的な文言としては、「遠隔オフィスの技術を応用したサービスやkirari等の御社のサービスをさらに地方の教育現場に導入すること」で教育の質に関する格差をなくすと伝えています。

この文言から、NTT西日本のサービスに対する理解度が伝わるため「緻密な企業研究がなされている」「NTT西日本に対する熱意」も伺えます。

自分の意思と企業のビジネスモデルや理念が合致した、非常に説得力のある志望動機と言えます。

IT業界志望動機の例文④ 日立製作所の通過者ESから学ぶコツ

日立製作所_ES(2020卒_本選考)

上記はグローバルに事業展開を行う、日立製作所のES。このESからわかる志望動機作成のポイントは、2つ。

1点目は、自分の成し遂げたい想いについて触れていること。本ESでは、「ITで社会に変革を起こしたい」という自分の想いを述べています。その根拠として、「幼少期からITに興味を持ち、大学院までITを学び続けた」と言う経験が根拠として挙げられています。

2点目は、業界の中でも日立製作所を志望した理由が述べられていること。具体的には、『「IT・IOT・プロダクト」それぞれに強みを持ち、他社では真似できない社会イノベーションを実現できる」』と述べています。

こちらの志望動機は、企業を選択した理由が明確な志望動機と言えます。

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける