エンカレッジとは
開催イベント
掲載企業
記事一覧ログイン/会員登録
開催イベント
掲載企業
記事一覧
ログイン/会員登録
記事一覧コラム【21卒】外資の就活...
ARTICLE
記事
コラム
公開日 : 2019/04/18
【21卒】外資の就活をしたい人にオススメ。採用数が増えている企業7選。
就活市場で人気の高い外資系企業。「外資か。一部の優秀な就活生しか、内定を取れない」と思われがちですが、日本の好景気やIT技術の発展により、外資系企業は採用数を増やしています。ぜひ間違った情報に惑わされず、外資就活に挑戦して見てください!
目次
採用数100人以上?実は増えている外資系企業の採用数
外資系企業1 アクセンチュア株式会社
外資系企業2 マッキンゼー・アンド・カンパニー
外資系企業3 ボストンコンサルティンググループ(BCG)
外資系企業4 デロイトトーマツコンサルティング(DTC)
外資系企業5 プライスウォーターハウスクーパース(PWC)
外資系企業6 日本ロレアル
外資系企業7 Amazon
外資系企業の選考にエントリーし、内定を獲得しよう!

採用数100人以上?実は増えている外資系企業の採用数

成果報酬制や休暇制度の充実で、人気の高い外資系企業。外資系企業の就職活動について、よくこんな情報を耳にします。

「外資か。選考が大変で一部の優秀な就活生しか、内定を取れない」

「私は英語ができないから、外資から内定はもらえない」

外資の就活で聞くこの情報、実は少しずつ変わりつつあります。

日本のグローバル化やIT技術の発展で、いくつかの外資系企業は、規模を年々拡大しています。

そして拡大にあたって、新卒の採用数も増えてきています。なんと採用数が5倍になった企業も。つまり、多くの就活生が外資系企業から内定をもらっています。

また、多くの外資系企業は、英語の選考を行なっていません。「内定後、英語研修を用意すれば良い」と考えているようです。なので実は、英語が苦手な人でも、外資系企業の内定を獲得することは可能です。


外資系企業への就活に興味があるあなたへ、新卒採用数が増えている7つの外資系企業をご紹介します。

間違った情報に惑わされず、ぜひこの機会に、外資系企業への就活にチャレンジし、内定を獲得してください!

【*特別公開中*】
先輩内定者が書いたエントリーシートはこちら

三菱商事_ ES(2020卒)

アビームコンサルティング_ ES(2020卒)

トヨタ自動車_ ES(2020卒)

三菱UFJ銀行_ ES(2020卒)

外資系企業1 アクセンチュア株式会社

採用数 2015年 約200名 → 2020年 約450名

(コンサルについてあまり知らない、という方は下の記事で情報を取得してください)

就活を始めると耳にすることが多い、アクセンチュアという外資系企業。実は、世界53カ国200都市に43万人以上の社員を抱える、世界最大級の外資系コンサルティングファームです。日本での社員数は、1万人を超えます。

「ITコンサル事業」にとても強い外資系企業で、社員の約半数がテクノロジー系であると言われています。

また、女性の活躍にとても力を入れています。例えば、育児制度として、週3日勤務が可能となっていたり、女性管理職を増やす取り組みを行なっています。女性限定の就活イベントも開催していますね。

なんと、新卒採用数は外資系企業ではTopの、450名。これは日本だと、ソニーの新卒採用数と、ほとんど同じ規模となります。

また、外資系企業は、とても激務なイメージを持たれることが多いですが、現在、アクセンチュアでは「働き方改革」の影響もあり、1か月あたり45時間以上の残業を原則禁止してます。

45時間以上行う場合は、上司とプロジェクトの管理者の両者に申請が必要となる、といった徹底ぶりです。

その効果もあってか、働きがいのある企業として表彰を受けたりと、社内からの評価がとても高い外資系企業となっています。

外資就活をしてみようかなと思っている人におすすめの企業です。ぜひ一度、選考にチャレンジしてみてください。


採用数)450名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、GD、ケースを含む面接、一部インターン

外資系企業2 マッキンゼー・アンド・カンパニー

採用数 2016年 約10名 → 2020年 約40名

一度は名前を聞いたこともあるでしょうか?世界最高峰と呼ばれる外資系戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー。DeNA創業者の南場智子さんや、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表の大前研一さんなど、たくさんの有名起業家を輩出しています。

これまでは、新卒を数名しか採用しない、最難関外資系企業として就活生に知られてきました。しかし、なんと昨年度から採用数を30名ほどに増やしています。

これは、「マッキンゼーの大阪支社の立ち上げ」や「ITコンサル事業の拡大」が理由となっているみたいですね。

また、新卒入社する就活生に対して、英語の能力を求めないことも名言されていて、昨年度から、英語の選考が無くなっています。

しかし、採用枠が増えたからといって、内定獲得の難易度が高いことは変わりません。選考フローには、特別なケース面接やジョブ選考があります。

なので、マッキンゼーを受ける就活生は、必ず選考対策を行いましょう。下のURLに例題が載っているので、ぜひ目を通してみてください。

採用数)30〜40名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、ケースを含む面接、インターン

外資系企業3 ボストンコンサルティンググループ(BCG)

採用数 2016年 約10名 → 2020年 約30名

外資系戦略コンサルティングファーム、BCGと呼ばれる企業です。こちらもマッキンゼー同様、最難関外資系企業として就活生に知られています。

上記のマッキンゼーと同様に、IT事業への拡大に伴って、採用数が20〜30名と増えています。

採用数)20〜30名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、ケースを含む面接、インターン

外資系企業4 デロイトトーマツコンサルティング(DTC)

採用数 2012年 約20名 → 2020年 約100名

総合コンサルティングファーム、DTCと呼ばれる企業です。「総合コンサル」とは、戦略からITなど、様々な領域のサポートを行う企業を指します

正確には、DTCは外資ではなく、100%内資(日本企業からの出資)で構成されています。それもあり、「100年先に続くバリューを、日本から。」というMissionを掲げていて、日本企業へのコンサルティングにとても力を入れています。

DTCも、新卒の採用数を20名から100名ほどに増やしています。これも、「ITコンサル事業」の拡大によるものだと思われます。

「Deloitte Digital」というIT専門部署を立ち上げたり、新卒採用枠に「テクノロジーコンサルタント職」を追加しています。

選考の中には、軽くケース面接があります。しかし、それよりも「通常の面接選考」をとても重視しているようです。就活生の「人柄」や「性格」を大事にしているといえるでしょう。

また、他の総合コンサルティングファームより、給与が高いことで有名です。20代後半で、年収1000万を超えている社員もいるみたいですね。

採用数)100〜130名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、ケースを含む面接、一部インターン

外資系企業5 プライスウォーターハウスクーパース(PWC)

採用数 2012年 約20名 → 2020年 約150名

外資系総合コンサルティングファーム、PWCと呼ばれる企業です。「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPurpose(存在意義)のもと活動を行なっています。

こちらもDTC同様、IT事業の拡大に伴って、新卒採用数が約150名に増えています。

採用数)150名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、GD、ケースを含む面接、一部インターン

外資系企業6 日本ロレアル

採用数 2015年 約20名 → 2020年 約30名

外資系メーカーの日本ロレアル。「LOREAL PARiS」のブランドとしてご存知の方もいるでしょう。ヘアケアや、ヘアカラー、メイクアップなどに強みがあり、「科学から生まれる革新の美」を理念として掲げています。

外資系の企業ではありますが、日本から生まれたグローバル商品が多数存在しています。なので日本は、ロレアルグループ内でイノベーションの拠点であると、言われています。

女性化粧品に強みがあることもあり、女性役員の比率が58%と、とても高くなっています。また新卒採用数も、昨年25名から今年度30名に増加しています。選考では簡単な英語の面接があります。

採用数)30名ほど(男女比率 1:1)
英語能力)簡単な英語面接
選考内容)ES、GD、面接、一部インターン

外資系企業7 Amazon

採用数 2016年 約20名 → 2020年 約100名

最後は、外資系IT企業のアマゾンです。

ここ数年で、新卒採用数が20名から100名と、5倍に増えています。

実はアメリカでは、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字から、GAFA(ガーファ)と呼ばれ、成長著しい企業の一つとして認識されています。

日本事業の売り上げは下記のように伸びが著しく、外資系企業の中で、一番成長しています。

アマゾンの内定を獲得するために、就活生が選考で意識すべき点は2つです。

1つ目に、アマゾンが求めるリーダー像を意識することです

アマゾンは「リーダーシッププリンシプル」を大事にしています。アマゾンが求めるリーダー像として、Webに公開されています。

アマゾンのES選考や面接選考を受ける際は、「リーダーシッププリンシプル」を、より明確に伝えることが重要となってきます。

2つ目に、アマゾンのサービスを知ることです。

アマゾンのESでは、『アマゾンにおいてやってみたいことはなにか?』という質問があります。また面接でも、アマゾンのサービスについての質問があります。

サービス内容を深く知らない就活生は、選考前にニュース等でアマゾンについて確認する必要があるでしょう。

採用数)100名ほど
英語能力)必要なし
選考内容)ES、GD、面接、一部インターン

外資系企業の選考にエントリーし、内定を獲得しよう!

いかかでしたでしょうか?下の記事で外資系企業の人気について、説明していますのでぜひご覧ください!

19卒の外資系企業に就職した就活生は、1500名ほどとも言われています。ぜひあなたも、外資就活に挑戦して、外資系企業の内定を勝ち取ってください!

そして、最後まで読んでいただいたあなたのために、コンサルティングファームの業界研究資料をご用意しました。

外資系コンサルの業界研究を行い、選考対策を進めてください!

【*特別公開中*】
人気インターンに合格したESはこちら

住友不動産_ ES(2020卒_秋冬インターン)

東京海上日動火災保険_ ES(2020卒_秋冬インターン)

リクルート_ ES(2019卒_秋冬インターン)

野村総合研究所(NRI)_ ES(2020卒_秋冬インターン)

Ranking articles
記事ランキング
1
面接の合否がわかるサインとは?面接時間が短いと不合格?
コラム
2
どう面接で自己紹介する?自己紹介の例文と19卒内定者に学ぶコツ
コラム
3
面接で自己PRを効果的に伝える、たった3つの話し方
コラム
4
集団面接で聞かれる質問とは?現役人事が語る、回答の極意【例文付き】
コラム
5
【例文付き】学生時代頑張ったことで『学業経験』を魅力的に伝えるコツ
コラム
6
内定承諾後の内定辞退は可能!内定辞退するあなたが知るべきこと
コラム
7
三菱商事_ES(2020卒_Meet Up イベント)
エントリーシート
8
50%は最終面接で落ちる?最終面接に挑むあなたが知るべき対策まとめ
コラム
9
ガクチカの書き方は?採用のプロが語る「学生時代頑張ったこと」の対策法
コラム
10
【業界研究】IT業界ランキング!人気なIT企業「SIer」を徹底比較
コラム