ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/03/19

面接で聞かれる志望動機。正しい回答のポイント4つ

面接で必ず問われる「志望動機」。自社になぜ入りたいのか?その理由を問われる志望動機は面接の運命を決める重要な質問です。しかし一方で志望動機の答え方について迷う方も多いのでは?そこで今回は面接における志望動機の伝え方についてお伝えします。
面接で聞かれる志望動機。正しい回答のポイント4つ

面接で志望動機を聞く意図

面接で話す志望動機のポイントやその例文をお伝えする前に、志望動機が聞かれる理由、を把握しておきましょう。

面接で企業が志望動機を聞く意図は、「自社に入社する可能性の高さ」を図るため。あくまで、企業側にとって「学生の採用」を行う上で最も重要なポイントは、就活生を「入社させる」こと。

つまり企業側にとって、「仮に内定を出してもその就活生が入社しなければ一切意味はない」のです。

いわゆる「高学歴に当たる就活生が、知名度の低い中小企業の選考で落ちる」といった現象も、この視点からみると理解できるでしょう。なぜなら、知名度の低い企業の人事にとって高学歴層の就活生は「自社に入らなさそう」と見えてしまうためです。

まとめると「志望動機≒(自社に入りたいと思う理由)」を通じて、企業は「入社する可能性の高さ」を測っています。

すなわち、志望動機においては「御社を志望した背景には明確な根拠があり、内定をもらったら必ず入社します」というスタンスを崩さないことが大前提です。

面接で志望動機を話すポイント① 冒頭で端的に志望理由を述べる

志望動機を話す際のポイントは4点あります。この4つのポイントそれぞれについて解説していきたいと思います。

▼ポイント① 冒頭で志望理由を端的に述べる
1点目は、志望動機の話し始めで志望した理由を端的に述べます。いわゆる「結論から述べる」といったテクニックですが、これは絶対に守るべきポイントです。なぜならばコミュニケーションの基本として、「面接官に自分の志望理由を確実に伝える」ため。

結論から述べ、面接官に「この学生はこういう理由で御社を志望している」と理解させることが重要。つまり冒頭に志望動機の結論を述べた上で、そう思うに至った背景や根拠を明示するイメージです。

面接で志望動機を話すポイント② 冒頭で述べた志望理由に対して根拠を持つ

▼ポイント② 冒頭で述べた志望理由に対する根拠づけ
志望動機を話す際のポイント2点目は、冒頭で述べた志望理由に対して根拠づけを行う必要があります。

例えば志望動機の冒頭で、「御社の『世界中の人々のより良い暮らしのために』という企業理念に共感したためです」と「企業理念への共感」が志望理由と伝えた場合。

企業理念に対する共感の根拠として、
・「なぜ世界中の人々の暮らしに貢献したいのか?」
・「自分にはどんな過去経験があって、どんな価値観を持っているのか?」
こういった問いに答えるための根拠を持っておく必要があります。

面接で志望動機を話すポイント③ 業界に対する志望理由を明確に持っておく

▼ポイント③ 業界を志望した根拠を明確にしておく
3点目は、志望動機において企業が属する「業界への志望理由」を持つことが重要です。多くの業界・企業が存在する中で、なぜ自社が志望する業界を選んだのか?この業界に対する志望理由は、基本的に問われる質問と言えます。

一般的に就職活動では、「業界の選定→その業界における企業の優先順位」を決めるといったプロセスを経て進みます。そのため「なぜ御社か?」の前段階として「なぜこの業界なのか?」といった質問には答える必要があります。

例えば、極端な例ですが文系就活生がIT業界システムエンジニアを志望しており、業界の志望理由が「モノづくりの立場がサービス・プロダクト制作に関わりたい」であった場合。

面接官から「自動車や食料品などの商品企画でサービス作りをやればよいのでは?」といった反論をされるでしょう。

ではこういった業界への志望理由回答のBパターンを述べます。

「私がIT業界を志望した理由は、文系でもサービス・プロダクト作りの当事者でいられる業界の為です。私は「サービス作りに携わりたい」という軸から、多くの業界消費財や自動車、メーカーなどを見ましたが、そこで実際に商品を作るのは理系などの専門的な経験を持った就活生です。しかしIT業界では、文系大学生でも未経験からプログラミングを学習し、サービスづくりに携われる。だからIT業界を志望します。」

このように他業界と志望業界を比較する。その上で、明確な根拠を持ち業界に対する志望理由を述べられると論理的な回答となります。

面接で志望動機を話すポイント④ その企業に対する志望理由を明確に

ポイント④ その企業に対する志望理由を持つ。
4点目は、企業に対する志望理由を持つこと。記事の冒頭で述べた通り、志望動機を通じて企業は「入社する可能性の高さ」を図っています。

そのため、「業界の他社ではなく、なぜ御社じゃないといけないのか?」企業に対する志望理由は必ず伝えられなければいけません。「なぜ御社じゃないとダメな理由」は多くの就活生が苦慮するポイントです。「入社した経験がないのにわからない...!」と思う方も多いでしょう。

企業に対する志望理由は、複数パターンの攻め方があります。この攻め方さえ間違わなければ回答できる質問です。「なぜ御社か?」「なぜうちか?」に対する回答の仕方のポイントとして、抽象的に言うと「『企業特有の要素に魅力を感じた』と述べること」。

これが大きな基本となります。またこれらは「志望動機の書き方」においても使える有効な方法です。この基本を踏まえた上で、「なぜうちか?」に対する攻め方として以下の2つを紹介します。

① 「人」の魅力を訴求する
「なぜうちか?」に対する攻め方として「人への魅力」を訴求する方法があります。なぜなら、企業の「人」という要素は、企業の採用方針や価値観、社風などを最も反映するもの。つまり「人」は「その企業特有の要素」です。

そのため「人に魅力を感じた→だから業界の中でも御社が良い」といったロジックは、「なぜうちか?」に対する根拠として使えます。「人の魅力」で御社への志望理由を伝える際のポイントは2つです。

1点目は、採用HPに乗っているような文言は使わないこと。
例えば「採用HPから、若手の挑戦をサポートする御社の人、社風に魅力を感じた」という言い方では、根拠が弱い。それは、誰でも言える表現で「人の魅力」を訴求しているためです。

そのため、採用HPの文言をまるまる使い、「人の魅力」を訴求するのは悪手と言えます。

2点目は、企業の人と直接会った上で、自分が感じた魅力を訴求すること。「人の魅力」を押し出して「御社への志望理由」を述べる場合、実際に合った企業の人とどんな話をして、結果どこに魅力を感じたかを述べる。

いわば「直接企業の人と会い、○○な魅力を感じた」という伝え方をすべです。また人と直接会った経験を伝えることで、「志望理由」だけでなく、「熱意」もアピールできます。人の魅力を使った「なぜうちなの?」に対する回答例文は以下の通りです。

Q.「業界の中でも当社を志望した理由は何ですか?」
A.「御社の『人』に魅力を感じたためです。OB訪問、インターンを通じて社員様様数名とお会いしました。その社員様だれもがが「○○」という御社の企業理念を実現するため、仕事に取り組んでいるとおっしゃっており、業界各社の中でも最も「熱意」と「誇り」を持っている人が多いと感じています。」

② 事業内容の強み・特徴と自分の合致
2点目は、企業の人と直接会った上で、自分が感じた魅力を訴求すること。「人の魅力」を押し出して「御社への志望理由」を述べる場合、実際に合った企業の人とどんな話をして、結果どこに魅力を感じたかを述べる。

いわば「直接企業の人と会い、○○な魅力を感じた」という伝え方をすべです。また人と直接会った経験を伝えることで、「志望理由」だけでなく、「熱意」もアピールできます。人の魅力を使った「なぜうちなの?」に対する回答例文は以下の通りです。

Q.「業界の中でも当社を志望した理由は何ですか?」
A.「御社の『人』に魅力を感じたためです。OB訪問、インターンを通じて社員様様数名とお会いしました。その社員様だれもがが「○○」という御社の企業理念を実現するため、仕事に取り組んでいるとおっしゃっており、業界各社の中でも最も「熱意」と「誇り」を持っている人が多いと感じています。」

面接で志望動機を話す時間

ここまでは、志望動機のポイントを元に志望動機の伝え方についてお伝えしました。最後に志望動機を「話す」上で大前提となる話す「時間」についてお伝えします。

例えば面接官から「志望動機を3分で話してください」と聞かれた場合、その所定時間を踏まえて回答する必要があります。

一方で、面接官に「志望動機を話してください」と聞かれ、志望動機を話す時間の指定がなかった場合。結論として、1分間以内に話をとどめましょう。一般的には、話の聞き手が持つ集中力は70秒から90秒程度しか持続しないと言われています。

例えば、テレビのアナウンサーも視聴者の集中力を切らさないために、70秒から90秒で話す習慣をつけているそう。

また、企業の面接官は一日中面接を行っており、遅い回の面接となると集中力がかなり落ちている方も多い。そのため「志望動機を教えてください」と聞かれた場合は、1分以内で簡単にまとめて回答することが重要。

人が1分間で話せる文字量は250文字と言われています。面接に向けて志望動機のトークスクリプトを作りたい場合。250文字程度で大枠作成しましょう。

一方で、1分以内で志望動機を話す場合、どうしても志望動機を話す上で満たさなければならない論点全てを話すのは難しいかと思います。例えば「端的な志望理由」に加えて「その理由が生まれた背景」を話すと、「業界・企業を志望した理由」を1分以内で話すのは至難の業。

しかし、面接は「学生と面接官のコミュニケーション」である以上、面接官から深堀させる前提で回答しても問題はありません。

むしろ面接官から「志望動機を教えてください」と聞かれた場合「業界・御社じゃないとダメな理由」にはあえて触れずに、深堀を待っても構いません。

あくまで志望動機は、「企業を志望する理由」とその「背景」を伝えることが重要です。

面接で志望動機を話す例文・想定問答

想定ケース 通信インフラ業界を志望

Q. 志望動機を教えて下さい
A. 「想像もしていなかったほど便利な生活」を生み出す通信インフラを開発したいからです。インフラ業界の中でも特に最先端の研究に注力をしている貴社を志望しています。

Q. 通信インフラ業界を志望した理由を教えて下さい

A. 私は地方出身で、その際に通信インフラによる生活水準の劇的な向上を身をもっとも感じたためです。(業界に対する志望理由)

私の実家は郊外にあり、生活インフラの基盤は整備されていたものの、通信インフラが整っていなかった地域でした。しかし、私が高校生の頃に通信の整備が行われ、インターネットにより生活水準が大幅に改善をしたという経験から、最先端のインフラが「特に不便はしない生活」を「想像もしていなかった便利な生活」に変えることができる、という実感を覚え、そういった価値を生み出せる仕事で活躍したいという強い思いを持ちました。(志望理由の根拠)

Q.なぜ業界の他社ではなく、弊社を志望するのでしょうか?理由を教えて下さい

A.通信技術の領域において、業界の中でも御社はトップの技術力を持ってるためです。貴社は、5GやICTといった最先端の通信技術において最も強みをお持ちです。そのため業界の中でも「日本の通信技術による生活の向上」をリードしていく企業が御社と考えています。そのため「想像もしていなかったほど便利な生活」を実現できるのは御社と考えています。私もそうした領域で活躍することで、世の中に大きな価値を生み出していきたく、貴社を志望しています。

en-courageで、納得のいく就活を

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
内定者の先輩があなたのメンターとなり1対1のキャリア面談を受けられるほか、特別な選考対策や企業説明会などのイベントへも参加できます。
en-courageに登録して、メンターのサポートを受けてみませんか?
詳しくはこちら