ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/01/18

面接官の役職に合わせた逆質問例まとめ

企業の採用面接では、「何か質問はありますか?」という逆質問をされます。逆質問を苦手にしている就活生は多いので、きちんと対策をしておくことが大切です。この記事では、逆質問の対応の仕方についてわかりやすく解説します。
面接官の役職に合わせた逆質問例まとめ

FOLLOW US

InstagramLine

逆質問は面接官の役職によって変えるべきである

企業の採用面接で「最後に何か質問はありますか?」という逆質問をされる場合があります。就活生の中には、逆質問の準備をしていなく「質問はありません」と回答する人もいるでしょう。しかし、実はこれ、逆質問としてNGです。


また、全ての面接官に同じ逆質問をすることもNGです。面接官は役職によって持っている情報が違うので、役職に合わせた逆質問をするのが最適でしょう。


この記事では、そんなNG逆質問を避けるために、役職別の逆質問例を解説してきます。


ぜひ就活にお役立てください。


1.面接官が現場社員であった時に、聞くべき質問

2.人事面接・面談の場合に聞くべき逆質問

3.役員面接・社長面接で聞くべき逆質問例

4.自己PRの補足に使える逆質問例

5.面接で聞いてはいけないNG逆質問例

面接官が「若手社員」であった時に聞くべき逆質問


まずは、面接官が「現場社員」である時に聞くべき逆質問を解説します。


当たり前のことですが、逆質問において、現場社員が相手であれば「現場について」聞くことが重要です。


管理職にいる人とは違い、実際の現場でどのような仕事をしているのかを聞いてみましょう。現場には現場の課題があるものなので、実際に自分が会社で働き始めた時のイメージがしやすくなります。


また実際に働く際のGapを埋めるためにも、現場の雰囲気を知ることは重要です。


現場社員が企業の面接担当者であるような場合、面接で聞くべき逆質問は次の通りです。


(1)毎日、どのようなスケジュールで仕事をしていますか?
(2)御社の中で重要度が高い仕事はなんですか?
(3)御社の仕事でどんなやりがいを感じましたか?
(4)今の部署・仕事で一番苦労していることは何ですか?
(5)現在の部署・仕事に何が問題点はあると思いますか?


各逆質問のポイントについて説明しますね。


(1)(2)は「現場社員の働き方」について確認する逆質問です。この質問を通して、実際にどんな仕事をしているのかを具体的にイメージできるようになるでしょう。


また、普段の仕事の中でも「何が重要なのか」を聞いておくことで、仕事のポイントを知ることができます。さらに、重要な仕事を理解していることを伝えると、仕事に関心を持っていると思わせることができるので、企業の面接担当者にも入社意欲をアピールできます。


(3)(4)は、仕事を通して現場でのやりがいや苦労を知るための逆質問です。これによって、自分の入社後の業務への期待とのいGapをより具体的にすることができます。


仕事におけるやりがいは、その仕事を続けるために重要なモチベーションになります。現場社員のやりがいが自分につながっているか、逆質問を通してしっかり確認しましょう。


(5)の逆質問は企業の現在の問題点を確認する逆質問です。この質問の回答は、今後の面接に活かすことができます。


なぜなら、次の面接で「会社で困っていることを私ならこうして解決します」と提案することができるからです。また企業に仮説思考力の高い学生だとアピールできるでしょう。

▼en-courage厳選、各業界の通過ESを見たい方はこちら↓
エントリーシート一覧ページはこちら

人事面接・面談で聞くべき逆質問例


人事担当者は、会社の人事全体をみています。つまり「どのような人材が会社にいるか」や「会社の採用方針」等にはとても詳しい役職です。また、採用したい人材要件を把握しておくことで、自分がアピールすべき能力がより明確になるでしょう。


なので人事担当者に対しては、企業内部の人事状況や採用について逆質問することが良いでしょう。


人事の担当者が企業の面接担当者であるような場合、面接で聞くべき逆質問は次の通りです。


(1)御社で採用したいと思う人物像を教えて下さい
(2)採用する就活生を決める際に、最も重視する点を教えて下さい。
(3)御社はどんな戦略で人材を確保していますか?
(4)御社で活躍する方は、どんな人物が多いでしょうか?
(5)御社では、社員同士が交流する機会は多いですか?


各逆質問のポイントについて説明しますね。


(1)(2)(3)は、会社がどんな人材が欲しいと考えているのかを聞きたいときにする逆質問です。あなたがその会社の求めている人材であるかどうかを確認ができます。


企業は自社で活躍できる人材を探しています。なので企業によって求める人材の人物像は変わってきます。そしてその人物像を一番把握しているのは「人事担当者」なのです。


人事担当者に逆質問する機会がある際は、企業が求める人物像を正確に把握するためにも上記のような質問をしましょう。


(4)は、入社後はどんな人材となって欲しいと考えているのかを聞く逆質問です。ここで、自らのキャリアパスと会社が期待する将来像が一致するか確認しましょう。


(5)は、入社後働くイメージを掴むための逆質問です。人事は採用人事だけでなく「内人事」に関わっていることもあります。この際に、企業がどのように社員をサポートしているか把握し、入社後の働き方を具体的にイメージできるようにしましょう。


▼そもそも面接に不安があるという方はこちら↓

役員面接・社長面接で聞くべき逆質問例

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける