ARTICLE
記事詳細

コラム
2018/12/21

【例文付き】面接でどんな長所・短所をアピールすればいいの?

面接で頻出する質問「長所と短所を教えて下さい」 しかし、 「そもそも自分の長所・短所がわからない...」 「長所・短所のESの書き方がわからない…」という方多いのでは? そこで今回は、長所/短所の見つけ方や回答例をお伝えします。
【例文付き】面接でどんな長所・短所をアピールすればいいの?

面接で長所/短所を聞く意図・目的とは

そろそろ面接が増えてくるこの時期。
就活面接で「長所/短所」を聞かれることがあります。
そんな時の企業の意図は一体何なのでしょう?

大きく分けて2つの目的があります。

① 自己分析が正確にできているかどうか
働く上で、自分を客観的にみれているかどうかは重要です。
仕事において、もしあなたが自分の強みを認識していて与えられた業務にその強みを活かして働ければ活躍できる領域を増やせます。

それは逆も然りで、あなたが自分の弱みを認識できていれば、その部分で助けてくれる他のメンバーとカバーしあったりなど克服への道も辿れるかもしれません。

② 業務適性があるか
あなたがその企業の業務に適性があるかどうかの判断の意図も含まれています。
つまり、長所・短所は「その人が入社した際にどう働くか」を想像する材料集めのためです。
例えば、面接官はあなたのその回答をもとに、「うちに入ったらどんな働き方をするだろう」と回答を元に想像をします。
強みの回答が「まきこむ力」と「分析力」の就活生がいるとしたら、面接官はきっと両者に同じ業務が向いている、とは判断しないでしょう。

それぞれ各々の強みが活かせる部署やチームに配属するイメージを持っています。
加えて、面接官は採用した人材には長く働いて欲しいと考えています。
つまり、就活生が業務にマッチしており、長い期間自社で働けるかどうかを判断するために、長所/短所が問われるのです。

あなたの長所・短所を見つける方法

面接官の質問の意図を明らかにして重要性を理解したところで、次はあなたが質問に回答できるよう準備しましょう。

まずは、あなたの長所/短所を見つける2つの方法を紹介します。

① 自分の過去の経験をもとに分析する
過去を振り返り、自分はどういった力を持っているか、どういった能力を発揮していたのかを整理しましょう。
具体的な方法としては、今までの人生の中で、
・困難にぶつかった時にどう乗り越えたか
・あなたに大きな影響を与えた機会があった時にどんな行動を行ったか
などを整理する。

その上で、あなたが「成功」した時にどんな長所を発揮していたか、「失敗」した時にどんな短所が影響を及ぼしたのかを整理します。

この中に他者とは違う個性、特徴があるはずです。
その選択を振り返って、その中で「あなたが大事にしている観点」はなんなのかを探してみましょう。

自己分析を通じて強み・長所を見つける方法について、ここでは深く触れません。
しかし、こちらの記事では、自己分析の目的や具体的に強み・弱みを見つける方法を徹底解説してます。是非参考にしてみて下さい。
「自己分析」の目的と方法とは?具体例付きでわかりやすい!

② あなたのことをよく知る周りの人に聞く
自己分析だけでは、長所・短所を見つけづらいでしょう。
そんな時は自分をよく知る周りの人にも聞いてみましょう。

親・親友・インターンやバイトの先輩など、あなたの所属するコミュニティによって返ってくる回答や言葉選びが異なると思います。
その中でも共通点はなんなのか?といった思考を自分の中で深め、客観的な視点から見たあなたの長所・短所が見つけられます。

いけてる長所・短所の回答のための6つの基準

前項の方法で回答ポイントを決めたあなた。
この項ではそのポイントが本当にいけているか選ぶ際の6つの基準をお伝えします。
6つ全てが守れていれば、長所/短所の質問は基本的に問題なく答えられているはずです。

① 自分が納得感を持っているものを選んでいるか
あなたは前項で見つけ出したその回答に自分で納得できていますか?
まずは問いかけてみましょう。

もし、自分の中で考えた言葉ではなく、他人の言葉やどこかで見た例文を代用したり、一部変えただけのものを使っていた場合。本質的にはあなたの長所/短所ではありません。

面接では「あなた」の回答、言葉が求められているのです。
「これが自分だ」と長所/短所の回答だけでも感じられるような納得感のある回答を考えましょう。

そして、そのためには、こんな工夫が有効だと言えます。
・回答を考えるときにロジックを持たせること
・抽象度の高い言葉の使用を抑えること

② ビジネスシーンで必要とされる能力を選んでいるか
前項で説明した通り、面接官はあなたの回答から、
その回答を元にあなたがその企業で活躍しそうかの想像も併せてしています。
そのため、「ビジネスシーン」で活かしやすそうに回答を少し調整することもポイントです。

●社会人基礎力とは?
あなたのポイントがビジネスシーンで活かせるものに調整するために
「社会人基礎力」の観点を学んでおきましょう。

社会人基礎力とは2006年に経済産業省が提唱した政策上の概念です。
「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」とされています。

面接で長所・短所を選ぶために

このポイントとあなたの回答をどこか繋がるように回答を調整することで、
ビジネスシーンに活きる回答ができるでしょう。

1、前に踏み出す力(アクション) 主体性・働きかけ力・実行力
2、 考え抜く力(シンキング) 課題発見力・計画力・想像力
3、 チームで働く力(チームワーク) 発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール力

③ 長所/短所が相対しているか
自己分析を元に回答を考えていると陥りがちなのが、長所と短所の回答に矛盾があることです。本来、長所と短所は表裏一体なものです。
例えば、長所で「素直」と主張したのに短所では「頑固」と答えたら矛盾がありますよね。
面接官も「どういうこと?」とあなたに聞き返したくなってしまうでしょう。
長所と短所は必ず真逆であるべき、とは言えません。

しかし、表裏一体な答えにするならば、長所で「素直」と回答をしたら短所で「騙されやすい」など相反する回答をすることです。
回答を考える際に、一方の回答を元にしてもう一方を考える、などの手順を意識するとよいでしょう。

④ 短所の改善に取り組む姿勢を伝えられているか
短所を述べる時のポイントは、短所の改善を見据えた回答をすることです。
理由としては、ただ単に「○○が苦手」と伝えるだけでは、面接官にネガティブな印象を与えてしまうためです。
例えば
「○○という短所を認識しているので、その短所をカバーするために○○を常日頃意識しています。」といった伝え方をする。
それにより
・短所を把握していること
・現状への改善の意識があることという2点を伝え、自己分析の深さや改善に向けた行動力をアピールできます。

⑤ 致命的な短所をアピールしていないか
ここでの致命的とは、「採用する企業側にリスクを伴う短所」のことです。
例えば、
・ルールや時間を守ることができない
・平気で嘘をついてしまう
などです。
社会人として当たり前のことを守れないこと、そしてその発言をしてしまうことで
あなたに「採用リスクあり」という印象がつくでしょう。

その短所によって企業側がリスクを負うような想像の浮かぶポイントを
わざわざ面接でアピールする必要はありません。
改善が可能である短所、そして短所の改善に向けた取り組みを伝えましょう。

⑥ 説得力のある文章構成を踏まえて回答しているか
当たり前ではありますが、いくら上記の5点を守っていても、あなたの意見が面接官にうまく伝わらなくては意味がありません。

最後に上記の5つのポイントを踏まえた上であなたの長所/短所をわかりやすく「伝える」ための文章構成の型をお教えします。

●PREP法を使いましょう
PREP(プレップ)法とは、結論をよりわかりやすく明確に伝えるための文章構成型のひとつです。

Point  = ポイント・結論
Reason  = 理由
Example = 実例・事例・具体例
Point  = ポイント・結論を繰り返す
上記のような順番で構成していきます。
結論重視で、1つのことを具体的に伝えるので説得力があり、聞き手にとっても内容把握をしやすくなります。

●Point = ポイント・結論
第一に、結論を伝えます。
例)私の長所は目標達成のための計画力です。

●Reason = 理由
次に、結論に対するその理由や説明を述べます。
例) 今まで挑戦したことのないことでも、最終目的から全体スケジュールを考え、その中で各フェーズにおいてどんなタスクが必要なのか細かく洗い出してひとつずつ完遂することで、最終目的を達成することができます。

●Example = 実例・事例・具体例
次に、理由を裏付けするような具体的な実例・事例を挙げます。
例)以前、人事職の長期インターンシップを実施していた時は、他の長期インターン生からの選考参加率を高めるために0から1dayインターンシップを企画・実行し、選考参加者を30人増加することができました。
さらに、その結果、選考参加者のうち2名が内定承諾を行ったことで求められている目的以上の成果を出すことができました。

●Point = ポイント・結論を繰り返す
最後に、ポイント・結論を繰り返し述べて、全体をまとめます。
例)これらの経験から、計画力が私の強みであると言えます。

PREP法はビジネスシーンでよく用いられる手法です。
面接はもちろん、エントリーシートの文章構成などでも使えますので、
参考にしてみましょう。

アピールしやすい長所・短所の観点

ここでは、長所/短所の回答で答えられがちなポイントをまとめました。
あくまで下記の表は参考として、あなたなりの回答を考えましょう!

面接長所・短所一覧

長所・短所回答例

最後に、長所・短所の質問の回答例をお伝えします。

【長所:忍耐力 短所:頑固 の場合の例文】
私の長所は与えられた課題を達成するときの忍耐力です。

目標達成のために、やるべきことを途中で投げ出したりせずに完遂することができます。
インドのレンタルオフィスで少人数向けのオフィス貸出の営業インターンをしていた際は、
言葉のうまく通じない環境下でも、与えられた営業PR数の達成のために行動しました。100社以上の電話アポイントと現地の日本人コミュニティへの直接参加からきっかけをつかみ、1人で目標ノルマを達成しました。

現地の政治的状況や時期も相まって動きにくい環境下ではありますが、その中で3件の新規契約をつかむことができました。

この経験から、私には環境にとらわれず、1人でもやりきる忍耐力があると言えると考えます。

逆に、短所はやりきろうとするあまり、自分の意見と行動に固執し、頑固になりがちなところです。熱中している時は1人で没頭して業務を進めてしまいがちなところがあります。
1人で出す成果の最大値と他のメンバーと協力して出す成果には大きな違いがあることは認識しています。
1人でやることにはこだわらず、社会人となってからはチームを意識して動くことを考えております。

【長所:傾聴力 短所:主張力 の場合の例文】
私の強みは相手の考えていることをしっかり引き出す傾聴力です。
相手が不安や疑問に思っているけれど口に出せないようなものをヒアリングし、聞き出し、安心感を持たせることができます。
例えば、過去に大学生向けのインターンシップの紹介をする営業インターンシップを行なっていた際のことです。
インターン申込後に不安が生じてキャンセルを考えている学生に対して厚いフォローの不安点の洗い出し、解消を行うことでキャンセルを防ぎました。
その結果、全国に50人いる営業インターンシップ生の中で1位の未キャンセル率を獲得することができ、次期では営業インターン生の全国統括として任命していただけました。
この経験から、私は他人の意見を聞き出せる傾聴力が私の長所だと考えています。

また、私の短所はそれとは逆に相手の意見を聞こうとするあまり、主張が弱くなってしまいがちなところにあります。
傾聴するだけでなく、しっかり主張して相手に「伝える」ことができないと社会人になってからは通用しないことも心得ています。

長所は活かすのはもちろん、短所の改善にも今後は努めていこうと考えています。

短所の回答方法に関しては、こちらの記事も参考にしてみて下さい。
面接で困りがちな、あなたの短所の答え方

長所・短所質問についてのまとめ

このコラムの要点をまとめます。
①長所/短所の質問の意図は「自己分析ができているか」と「業務適性があるか」である
②「過去の経験を分析する」、「身近な存在に聞く」のうえ、自分なりの言葉選びをすることで長所/短所は発見できる
③伝えやすく、伝わりやすい方法で矛盾のない回答をすることが大事である

長所/短所の質問は、回答を考えるときについ思考の迷宮に迷い込みがち。
ですがしっかり対策して、大事な企業の面接の本番に臨みましょう。

en-courageで、納得のいく就活を

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
内定者の先輩があなたのメンターとなり1対1のキャリア面談を受けられるほか、特別な選考対策や企業説明会などのイベントへも参加できます。
en-courageに登録して、メンターのサポートを受けてみませんか?
詳しくはこちら