ARTICLE
記事詳細

インタビュー
2018/12/10

余命2年の学生起業家が悟った「キャリア選択」の本質

旧帝大から早慶までの「上位5%」に属する、最優秀層の就活生にキャリア選択にまつわる本音を聞く本シリーズ。今回、インタビューしたのは、早稲田大学4年生(文系、19卒、男性)のSさんだ。有名外資系戦略コンサル、マッキンゼーの他、就活人気ランキング上位の名だたる企業から合計7つの内定を獲得した。 しかし、そのすべてを辞退して「起業」の道を選んだという。現在、子供の頃からの持病が再発し医師から「余命2年の可能性も」と告げられているSさん。彼が見つめた「キャリアの本質」とは?
余命2年の学生起業家が悟った「キャリア選択」の本質

FOLLOW US

InstagramLine

大学1年生からキャリアについて考えていた、Sさんの就活前半について聞いた前編は以下から

学生起業で従業員23名まで成長するも…

ー前編では、業界を絞らず全方位的にキャリアを検討していたSさんが、2年生のサマーインターンを通じて、「外銀」「商社」「不動産」「メーカー」を選択肢から外すまでの話を聞きました。

Sさん:今振り返ると、確かに、2年生の夏が一つのターニングポイントだったかもしれないですね。業界が「IT」「コンサル」「教育」に絞られ、自分にはビジネスの方が向いているということがぼんやりと見えてきた。それまで続けていた司法試験と公務員試験の勉強をやめたのも、この時期です。

―起業を決めたのも、このタイミング?

Sさん:そうですね。志を同じくする友達2人と、2年生の夏から起業の準備を始めました。登記をしたのは1年半後で、そこまで運転資金を稼いでいました。会社を立ち上げて半年がすぎましたが、現在従業員は23名まで成長しています。

―事業がうまくいきそうだから、内定を辞退して学生起業家の道を選ぼうと?

Sさん:そう単純な話でもないんです。2年生の夏に起業しようと決めて、3年生の終わりに実際に会社を立ち上げるまでの間も「就活」は継続していましたし。

対策ゼロでマッキンゼーから内定獲得するも辞退

―起業の道も模索しつつ、就活も継続していたのですね。

Sさん:はい。たとえば、外コンには3年生の冬にジョブ(業務疑似体験型の選考フェーズ)に参加しましたね。しかし、これまた「行きたい!」という強い思いがあったわけではなく…。消去法で残っていた選択肢でしたし、ただ漠然と「優秀な人がたくさんいそう」「見識が広がりそう」というイメージがあって参加を決めました。

―起業家志望の学生が、経営を学ぶために外コンに就職するケースも多いですしね。覗いてみて、どうでした?

Sさん:僕の受けたのが、外コンの中でも特に人気のマッキンゼーだったこともあると思うのですが、とても優秀な学生が多い印象でした。ただ、その「優秀さ」がちょっと極端かな、とも正直思いましたね。ジョブで出会った学生は、大きく2タイプに分かれました。トップ大学の理系院生で頭脳はキレッキレでも話していることが高度すぎる天才タイプと、とにかくガッツがあり与えられた課題をやり遂げるグリットがすごい体育会タイプに。

僕は、どちらのタイプでもなかったので、ジョブの間はずっと、天才タイプと体育会タイプの通訳をしていた感じですね(笑)。その様子が採用担当の方の目に留まって、それほど努力したわけでもないのに、内定をもらってしまいました。

―マッキンゼーといえば、選考対策をバッチリやって万全の態勢で臨む就活生も少なくないと思いますが、そういう準備は特にしなかった?

Sさん:していませんでした。外コンの業務それ自体や、そこで働く人に興味があっただけで、選考をクリアしようという意識が低かったのだと思います。ふらっとジョブに行って、自分にできることをやっていたら、すっと内定をもらえました。でも、結局、悩んだ末に内定辞退することになるのですが…。

「外コンに受かる」=「東大に受かる」という就活の構図

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける