ARTICLE
記事詳細

インタビュー
2019/03/27

非体育会系である文化系社員から見た総合商社の不思議カルチャー

就活生に圧倒的人気を誇る、総合商社。en-courage.comの読者にも総合商社を志望する方は多いのでは? そこで、en-courage.com編集部では、某総合商社の現役社員ブロガー、えいまさんに「商社のリアル」を全3回シリーズで書いていただくことに。 第3回目となる本記事は、「総合商社の社風」について。ここでしか聞けない「総合商社の社風」をえいまさんに教えていただきます。
非体育会系である文化系社員から見た総合商社の不思議カルチャー

FOLLOW US

InstagramLine

はじめに

商社は「体育会系の社風」というイメージが一般的に強いと思います。そのため、「文化系の私が入社したら辛いかも?」と不安に感じる就活生も多いかもしれません。そこで、私の経験から総合商社の「社風」についてお伝えしたいと思います。

そもそも「社風」とは簡単に言えばその会社が醸し出す雰囲気のことです。もし「社風」があなたに合わないのであれば、最悪退職や休職になる可能性があります。私自身も、実際に「社風」に合わず退職した人達を見ています。

そのため、入社する前に「社風」を見て、自分に合うかどうかを見極めてください。入社後にギャップを感じないためにも、現役商社マンである私なりの視点で総合商社の「社風」に合う人と合わない人についてまとめましたので、これから就職活動を控える学生のみなさんは参考にしていただければと思います。

総合商社の実情、内定をゲットするための選考対策の秘訣など。他では聞けない総合商社のハナシを聞ける!えいまさんのブログはこちらから↓

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける