ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/01/21

ANAとJALって何が違うの?就活に役立つ企業比較のポイント

就活生に人気の航空業界。中でも国内最大手のANA(全日空航空)っていったいどんな会社なんでしょうか。よく比較される競合企業、JALとの比較や社員の年収、求められる人材像を解説していきます。
ANAとJALって何が違うの?就活に役立つ企業比較のポイント

ANAに就職するには

就活生に大人気の航空業界。

中でも国内トップ企業のANA(全日空航空株式会社)とは、いったいどんな会社なんでしょうか。

よく比較される競合企業、JAL(日本航空)との比較や社員の年収、求められる人材像を解説していきます!
ANAに就職したいと考えている方、ぜひご一読ください!

ANAの会社概要

就活生の人気業界の一つ、航空業界の中で1位2位を争う人気のANAですが、一体どんな会社なのでしょうか?

まずは会社概要から紹介していきます!

全日空航空(All Nippon Airways)の略称として、ANA(エー・エヌ・エー)と呼ばれています。

1952年12月設立され、現在は国際線、国内線ともに国内最大規模を誇っている航空会社です。

国際線はアジア諸国とヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国などに就航しており、航空会社連合「スターアライアンス」のメンバーとして、提携を組んでいます。
東証一部上場のANAホールディングス傘下であり、ANAグループの中核事業たる航空事業を担っているのが、ANA株式会社です。

ANAの仕事内容

では、人気の航空業界の中でもトップ人気のANAですが、実際入社するとどんな仕事をするのでしょうか?

職種とキャリアパス

ANAの職種は、グローバルスタッフ職(事務)、グローバルスタッフ職(技術)、客室乗務員、運航乗務職(自社養成パイロット)、エキスパートスタッフ職の5つに分かれています。

職種別での採用になるので、ぜひ将来自分がなりたい姿と重ねて、職種を選んでみるとよいでしょう。

・グローバルスタッフ職(事務)
グローバルスタッフ職(事務)は、コーポレート機能、ビジネス機能、

そしてオペレーション機能のすべてのフィールドで国内外を問わず多岐に渡る仕事を担います。

コーポレート機能では、飛行機が地上から運航のサポート、駐機場の機体運航の管理など、

空港のオペレーションに関わる業務から、ANAグループ全体の経営戦略に関わる仕事を担当します。

ビジネス機能での仕事は、エアラインカウンターでの勤務から、会社の事業計画、商品戦略の企画など、多機能に渡ります。

オペレーション機能では、成田や羽田などの空港へ配属され、空港のサービス施設に関連する戦略立案、展開調整、航空局への申請や、各会議体の事務局などを仕事とします。

2020年の東京オリンピックに向けた羽田空港の大規模改修にも、空港を管理する国やビル運営会社と共同で実施します。

グローバルスタッフ職は、「ジョブローテーション」により複数の仕事を経験し、ジェネラリストとしての活躍が求められるでしょう。

例えば、ANA Cargo(株)やANAロジスティクスサービス(株)など、同じANAグループ会社への出向や、ANA海外支店への異動など、様々なチャンスがあります。

・グローバルスタッフ職(技術)
グローバルスタッフ職(技術)は、運航の安全性を担う「航空機エンジニアリングのプロフェッショナル」として、整備部門を中心に活躍する総合職です。

この職に就職するのであれば、理系の学部を卒業している必要があります。

仕事内容としては「整備計画の策定」や「航空機の構造・機能・性能に関する技術的方針の決定」「航空機部品の調達・管理」など多岐にわたります。

また整備部門のキャリアを活かし経営企画やマーケティングなど他部門への配置も行われているようです。

・客室乗務員
客室乗務職は、キャビンアテンダント(CA)として国内線・国際線に乗務し、機内の安全を守るとともに、お客様に快適な時間と空間をお届けする仕事です。

接遇のプロフェッショナルとしての役割はもちろん、組織内の人財育成や機内商品・サービスの企画などにも参画することができます。

・運航乗務職(自社養成パイロット)
運航乗務職は、運航乗務員=パイロット(操縦士)としてANAの安全で快適な運航を担うプロフェッショナルな仕事です。

ANAでは、操縦士資格を取得しているライセンサー(資格保持者)の採用と併せ、“まったくの未経験者”の中からANAの運航乗務員として適性のある人財を見出し、一から養成するコース(自社養成パイロット)での採用を行っています。

運航乗務員訓練生として入社した後、地上配置・基礎訓練・実用機訓練を経て、副操縦士としての昇格を目指していくキャリアパスです。

・エキスパートスタッフ職(障がい者採用)
エキスパートスタッフ職(障がい者採用)は、東京地区内のさまざまなフィールドで活躍します。

サービスや品質を支える基幹実務を担い、高度な業務遂行能力の獲得・発揮を目的に、同一の領域に一定程度の期間配置され、当該領域の専門性の進化・発展が求められる仕事です。

ANAの年収は?

ANAの平均年収は、848万円です。
競合他社であるJALの平均年収は771万円と、少しANAが上回っています。

年収の違いは、経営業績から来ているようです。
2010年1月にJALが経営破綻し、2強体制が崩れ去りました。

JALは2010年2月に上場廃止となった後、2012年9月に再上場を果たしたものの、当時のリストラや給料カットの影響が残っているのかもしれません。

一方ANAは、売上、利益どちらも順調に増収増益しており、経営成績は順調だと言えるでしょう。
そのような背景から、JALと比べ安定した給料が見込めるのでしょう。

さらに職種別に年収を見てみると、以下のようになっています。


パイロット(機長):1,980万円~2,000万円(推定)
客室乗務員CA:400万円~420万円(推定)
整備士:380万円~460万円(推定)
グランドスタッフ:240万円~300万円(推定)
総合職:400万円~480万円(推定)
技術職:400万円~500万円(推定)


近頃は格安航空会社(LCC)の台頭により、ANAとJALの2社による業界占有率は依然として高いものの、競争の激化や景気変動により、以前より高給が期待できなくなっているのが現状です。

ANAの就職に向いている人とは?

では、ANAに向いている人とはどのような人なのでしょうか?

チームワーク


JALと比べると、よりチーム感の強い文化がANA、柔軟性が求められるのがJALという風によく言われるようです。

ANAは「褒める文化」の定着を図っており、顧客からの称賛の言葉を社内で共有したり、社員全体の中で表彰制度というものがあります。

このようにお互いがお互いを認め合う文化が強くあるので、ANAへの就職に向いている人は「チームワーク力」がある人だと言えるでしょう。
お客様や提携航空会社、また自社内でも様々な部署の人と関わりながら業務を進めていく必要があるので、協調性を持つことは必須条件です。

チャレンジ精神

一度経営破綻をしたJALが安定志向なことに比べ、ANAは積極的に新しいことに挑戦していく文化があります。

提携航空会社も多く、グローバル進出も積極的であることがANAの特徴です。
社員もチャレンジ精神を持った人が活躍する環境があるようです。

グローバル人材

積極的な海外展開でグローバルマーケットの拡大を図っているので、海外で活躍したい人もANAの就職に向いてるといえるでしょう。

TOEICなどの英語力も武器になりますが、留学経験や海外の人と一つになって行うプロジェクトなどの経験があればぜひアピールしましょう。


就職の際のエントリーシートでは、上のような強みを証明できるエピソードを用意し、ANAの会社文化に合っているというアピールができると良いでしょう。

ANAの今後の成長性は?!

最後に、ANAの今後の成長性をJALと比較していきます!

(東洋経済新報社発行 就活四季報 総合版2019年版より)

積極的な他社提携や海外展開で業界トップを走るANAと、国内線にも力を入れており安定経営を図るJAL。

今後はLCCの台頭により、一層顧客確保が課題となる航空業界にて、
昔からの伝統を大切にしながらも、海外展開を進め、多文化の中で活躍したい人はJAL、
業界トップの会社でグローバルに活躍し、新しい価値を創造していきたい人はANAへの就職を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

企業理解を深めるために

いかがでしたか?

航空業界トップのANA、就職するにはしっかりとした会社理解をした上で、自分がなぜ就職したいのかを話す必要があります。

最終的には企業訪問する中でわかる、生の情報が最も就活に役立つはずです。

その前に、基本的な業界知識や企業比較は効率的に進めたいですよね?

そこで、エンカレッジでは航空業界の概要やJALとANAの企業比較についてまとめた業界研究資料をご用意しました。

ぜひダウンロードして、就活に役立ててください!

15分でわかる!航空業界の研究資料はこちら▼

en-courageで、納得のいく就活を

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
内定者の先輩があなたのメンターとなり1対1のキャリア面談を受けられるほか、特別な選考対策や企業説明会などのイベントへも参加できます。
en-courageに登録して、メンターのサポートを受けてみませんか?
詳しくはこちら