エンカレッジとは
開催イベント
掲載企業
記事一覧ログイン/会員登録
開催イベント
掲載企業
記事一覧
ログイン/会員登録
記事一覧人気記事・オススメ記... 20代で「年収1,...
ARTICLE
記事
人気記事・オススメ記事
公開日 : 2019/03/25
20代で「年収1,000万」を味わった強み 起業して役員になった今思うこと
20代で年収1,000万円を手にできる仕事といえば、世の中でかなり限られている。実際、年収1,000万円超を稼いでいるのは給与所得者全体の約4%*、20代ではわずか約0.2%**しかいない。しかし、一方で旧来の価値観に囚われないニューエリートの中には、いとも簡単に「年収1,000万」を手放す人も少なくない。 20代で誰もが羨む高収入を手に入れながらも、それを捨てるという選択をしたエリートの肖像に迫る本シリーズ。第2回は、27歳にして年収1,350万円を捨てるという決断をしたSさんの本音に迫った。 *国税庁「民間給与実態統計調査」をもとに算出した2016年の数字。 **出典:転職サービスdoda「平均年収ランキング2015」
目次
「マジでお金って意味ないな」と気づいた瞬間
友人と起業して年収は5分の1に

「マジでお金って意味ないな」と気づいた瞬間

Sさんが就職を経て年収1,000万円を稼ぐまでをインタビューした前編は以下から

――有名私立大学を卒業後、高給で知られる大手メーカーC社に入社、27歳にして年収1,350万円を手にしたSさんですが、その高給を捨てる決断をしたきっかけは?

Sさん:正直、「マジでお金って意味ないな」と痛感した瞬間があったんですよね。僕、クレジットカードの使用履歴がわかるアプリを使ってるんですが、当時の記録を見ても、何に使ったか全然わからなくて。まったく覚えてない。思い出にも残っていなければ、何一つ身についてもいない。

それに気づいた時に、「マジでお金って意味ないな」と。会社に飼われてお金をもらってるだけなのに、それを自分の力だと錯覚してる自分も、「マジでダサいな」と思いましたし。

――「お金=自分の力」と錯覚している自分に気づいた、と。

Sさん:それに、社会人1年目から遊び尽くして、3年目の終わり頃にはお金を使うことにも飽きてました(笑)。もうええわ、と。

だんだん金銭感覚が同じ人としか遊べなくなって同年代の友人と疎遠になり、社内の人とばかりつるむようになっていたのですが、一緒に遊んでいても「なんか違うな」と違和感を覚えることが増えていきました。

友人と起業して年収は5分の1に

en-courageに会員登録すると、会員限定記事だけでなく、各業界の優秀な
内定者が書いた1500枚以上のES、選考体験記を閲覧できます。
また優秀なメンターによるES添削など、あなたの就活を徹底サポートします。
Ranking articles
記事ランキング
1
どう面接で自己紹介する?自己紹介の例文と19卒内定者に学ぶコツ
就活コラム
2
ガクチカの書き方は?採用のプロが語る「学生時代頑張ったこと」の対策法
就活コラム
3
【航空会社】JALと大手空港にW内定した就活生が語る、航空就職のリアル
就活コラム
4
【食品業界】メーカー志望必見!業界の分類と今後の動向を徹底解説
就活コラム
5
鉄道会社分析!人気就職先3社(JR東海・東日本・西日本)を比較!
就活コラム
6
証券業界5年目の女性社員が語る、「営業」のリアル #1
就活コラム
7
金融業界とは?業種別にビジネスモデルを徹底解説!
就活コラム
8
留年は就活・面接で不利? 3留した先輩内定者に聞いてみた
就活コラム
9
【就活】筆記試験の種類と絶対やるべき対策方法!
就活コラム
10
【例文付き】インターンシップに受かる!志望動機書き方の極意
就活コラム