ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/02/07

【具体例で解説】就活でやってはいけない8つのNG行動とは?

「この行動をとる就活生は落とします」と語る人事担当者。意外とNGな行動を取る就活生は多いと聞きます。そこで、様々な企業へのヒアリングを元に就活・面接で絶対にやってはいけない8つのNG行動をまとめました。ビジネスマンになる前段階として、最低限のルールを学びましょう。
【具体例で解説】就活でやってはいけない8つのNG行動とは?

FOLLOW US

InstagramLine

就活には、やってはいけないNG行動がある?


「この行動をとる就活生は不採用にします」と語る人事担当者。企業へのヒアリングを通して「NGな行動を取る就活生は多い」という情報をよく聞きます。


企業にとって、最低限のマナーや行動規範を守れない社会人は採用リスクを伴います。なぜなら、1つのミスによって会社に大きな影響を与える可能性があるからです。


同様に企業は学生のNG行動にも注意を払っています。また会社にとってリスクとなる人材は、不採用とする可能性が高いです。


そこで編集部は、様々な企業へのヒアリングを元に「就活・面接で絶対にやってはいけない8つのNG行動」を具体例と共にまとめました。


NG行動を取り不採用となること避けるためにも、ぜひ8つのNG行動を意識して就活に臨んでください。

*就活生のための先輩内定者ESはこちら
三菱商事_ ES(2020卒)

アビームコンサルティング_ ES(2020卒)

トヨタ自動車_ ES(2020卒)

三菱UFJ銀行_ ES(2020卒)

NG行動① 締め切りぎりぎりにESを提出


就活では、ESを締切ギリギリに提出してはいけません。


これは就活生がやってしまいがちなNG行動です。ESはあなたから企業側に最初にアプローチできるものです。ESが通らなければ、面接選考への通過ができず、企業の側に直接自分の魅力を伝える機会がなくなります。


さらに、締め切りギリギリには多くの就活生がESを提出するので、1つのESにかける選考時間が短くなる傾向にあります。


編集部がヒアリングした企業の中には、「余裕をもってESを提出した就活生は、志望度が高いと判断します」と述べている企業もありました。

ESの提出が締切ぎりぎりにならないようにするためには、ES提出締切日から3日前を目標に計画を立てることが重要です。締め切り1週間前にESのアウトラインを作成し、3日前には完成させるなど、余裕をもってESを書くようにしましょう。


そうすることで、事前にESを読み返す時間がとれますし、時間に余裕を持ってESを提出することができます。

NG行動② 人気業界の超有名企業だけ受ける


多くの就活生がやってしまいがちなのが、人気業界の超有名企業だけ受けてしまうことです。


名前の聞いたことのある会社に入社したいという気持ちはわかりますが、超有名企業は就活生の人気が集中する会社でもあります。多くの人が応募するので、当然優秀な人も集まりやすくなります。結果として、入社の難易度がかなり高くなります。


たとえ売上高が同じであっても、名前の聞いたことのある企業の方に就活生の人気は集中しがちです。さらに倍率が高くなることで、志望動機に深い裏付けや一貫性が求められるようになります。


有名企業ばかり受けている就活生は、志望動機の内容が薄くなる傾向にあります。なので、倍率の高さ、そして選考の難易度という観点から、人気の有名企業ばかりを受けるのは非常に危険です。


自らのキャリアプランなどから、自分にとって適切な企業を受けることが大切です。人気の有名企業だけを受ける就活は控えましょう。

NG行動③ 遅刻など、面接前のトラブル


面接前にトラブルを起こしてしまうと、悪い意味で面接官に顔と名前を覚えられてしまうので注意が必要です。面接前に起こしやすいトラブルとしては次のものを挙げることができます。


①面接の時間に遅刻する


面接に遅刻は厳禁です。面接官に対して失礼に当たりますし、社会人として時間は守らなければなりません。面接官に対する印象をかなり悪くしてしまうので注意しましょう。


電車の遅延などで遅れてしまうものNGです。社会人は、このような場合も考慮した上での行動が求められます。なので、電車の遅延を言い訳にして遅刻するのも、面接官に悪い印象を与えてしまうでしょう。


また、事前に十分に面接会場などは確認しておくことが大切です。面接時間の1時間前には面接会場付近のカフェでESを見直したりなど、面接の準備ができるよう当日の計画を立てることをオススメします。


再度となりますが、面接官は遅刻を覚えていますし、顔を覚えているものです。一度覚えられてしまえば、その後どれだけ良い面接をしても遅刻が印象に残るので注意しなければなりません。


②面接会場を間違える


面接会場を間違えることは言語道断です。会社の面接は普段あなたが行かないような場所で開催されることが多いので、余裕を持って十分に確認しておきましょう。


面接会場をスマホなどで当日チェックしていると、充電がなくなって面接会場がどこなのかわからなくなってしまったなどのトラブルが起こりがちです。できれば紙媒体で面接会場の地図は用意しておいたほうが安心と言えるでしょう。


③スマートフォンの電源を切り忘れる


最後に、携帯電話やスマートフォンの電源は面接会場に入る前に切っておきましょう。


面接会場の控室に入って緊張してしまうと電源を切るのを忘れてしまいがちです。そのため、会場についた段階で電源を切り、集中して面接に取り組むようにしましょう。

NG行動④ 面接中のマナー違反


当たり前のことですが面接中のマナー違反はNGです。面接時のマナーは、あなたの印象を大きく左右します。


採用担当者は、あなたの面接時のマナーを見ることによって、あなたが会社に入社してから取引先など会社外部の人と接しても大丈夫かどうか確認しています。


「正しい言葉遣いができているか」「面接官の声掛けの後に椅子座るか」など、普段は気にしないことも、面接では気をつけるべきでしょう。


面接時にマナーを意識することはとても重要です。それはあなたが入社した時に、取引先などに対して行う行動であると採用担当者たちは考えるからです。マナーを守ることは、相手に失礼を与えないために、社会人として守るべき大切なものなのです。


マナーはあなたの何気ない行動の中にあらわれます。採用担当者は、そんなあなたの何気ない行動からあなたがマナーを守れるかどうかを判断しています。何気ないNG行動があなたの印象をきめるため注意が必要です。


また「マナーを守る」とは、マニュアルやルールを守ることではありません。適切な状況に応じて、適切な行動をとることを指します。


マニュアルやルールを守るだけの堅苦しい対応は、逆に相手に悪い印象を与えかねません。そのため、これもNG行動に当たります。


適切な状況に応じて適切な行動をとることは非常に難しく、普段から意識している必要があります。ぜひ、マナーを守ることができる就活生を目指しましょう。

*就活生のための先輩内定者ESはこちら
三菱商事_ ES(2020卒)

アビームコンサルティング_ ES(2020卒)

日本航空(JAL)_ ES(2020卒)

電通_ ES(2020卒)

NG行動⑤ 面接中に「成長」や「裁量権」など、マジックワードを使ってしまう


面接中に就活生がやってしまいがちなNG行動の1つにマジックワードを使ってしまうことが挙げられます。


マジックワードとは、すごく意味がありそうなのによく考えるとわからなくなる、いわば思考停止を招く言葉です。


マジックワードは非常に印象が良い言葉ですが、正確な情報が届いていない場合があります。


例えば「成長したい」と思っていても「どのように成長したいのか」「結局何がしたいのか?」など具体的な内容をイメージできていない場合が多くあります。そして「本当に成長したかったのだろうか?」と思考停止に陥る場合があります。


また「裁量権のある仕事をしたい」と思っていても、実際仕事を任されると「サポートが足りない」など不満を持ったりします。


このように、マジックワードを多用してしまうと、あなたの印象は悪くなって、口だけの人間だと判断されてしまう傾向があります。


つまり面接中にマジックワードを多用することは危険です。しかし、マジックワードを使ってはいけないということではありません。マジックワードを使ったあと、それを実現するための方法について話すことが重要です。


マジックワードそのものはポジティブな言葉が多いので、面接官に良い印象を与えることができます。大切なことは、マジックワードを実現するために努力していることをアピールすることでしょう。

NG行動⑥ 人の手を借りず、1人で就活・選考対策を進めようとする


就活生は1人で就活・選考対策を進めることがありますが、これはNG行動です。


1人で就活・選考対策を進めようとすると、自分の都合の良いように考え他人の意見が反映されないために、選考対策の質が落ちる危険性があります。結果として、極端に偏った情報ばかりに基づいて行動し、どうしても独りよがりな考え方になる可能性が高くなります。


例えば「この身だしなみが良い」や「この髪型が良い」と思っても、実は業界によって適切な身だしなみや髪型は異なります。これは、様々な業界の方と情報交換を行い会社の社風や内情など正しい情報を入手することで解決できます。


またこのようなリアルな情報はどんな就職対策の本にも書いてありません。様々な関係者と情報交換をすることで、自分とは違った見方で物事を考えられるようになるでしょう。


さらに、他者からの意見を参考にしながら就活・選考対策を進めることで、自分を客観的にみられるようになります。


自分が思っている自分と相手が思っている自分というのは、全く印象が違うものです。相手から見て自分がどのように見えるかは、親や先輩など他人の手を借りることによってはじめてわかります。


このような意味で、就活・選考対策は親や先輩など他人の手を借りることが大切です。

NG行動⑦ 面接での回答を丸暗記する


面接の質問に対して、いくら完璧な回答を準備したとしても、それをただ暗記した状態で面接に臨むことは危険です。なぜなら面接は「自己PRをしてください」「強みを教えてください」のような基礎的な質問ばかりではないからです。


あなたがテンプレの質問に対して回答を完璧に用意していたとしても、もし質問が「弊社の業務に活かせるようなあなたの強みを教えてください」に変化したら、回答にズレが生じてしまいます。


このようにズレがあると「コミュニケーションがまともにできない学生」と判断されてしまう可能性があります。


面接対策をする際は「用意したものを丸暗記する」のではなく、あくまで「要点をまとめ、本番に活かせる」ような準備の方法を取りましょう。

NG行動⑧ 社会人に「ビジネス力」で張り合わない

行動力高めな学生にありがちなのが面接の自己PRなどでの「ビジネス経験あります、できます」アピールです。これがNGなことに学生はなかなか気付きません。

学生コミュニティの中では確かに希少性の高いものだからです。

しかし、社会人視点からしたらビジネス経験は当たり前のものです。

ビジネスに関してすごい経験をした、という感覚は社会人視点ではすごくはないかもしれないのです。自己分析などして、感覚がはっきりとしないうちは、社会人にビジネス力でアピールしたり、張り合おうとするのはやめましょう。

就活は情報戦です。

就職活動のNG地雷を踏むことなく、納得のいくゴールに向けて走っていきましょう!

▼就活でのNGに関して併せてこちらもどうぞ

【面接でのNG行動】社員と仲が良いアピールが嫌われる理由

「就活では情報に騙されるな」新卒3年目の忠告

「就活では情報に騙されるな」新卒3年目の忠告

*就活生のための先輩内定者ESはこちら
三菱商事_ ES(2020卒)

アビームコンサルティング_ ES(2020卒)

日本航空(JAL)_ ES(2020卒)

電通_ ES(2020卒)

就活では、NG行動を行わないことが重要


ここまで、就活における7つのNG行動を紹介してきました。NG行動をしてしまうと面接の内容に関わらず選考落ちとなってしまう可能性もあります。しっかりと意識して行動するようにしましょう。


そしてNG行動を覚えたあとはぜひ、以下の資料で面接官に良い印象を与える方法を学びましょう。

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける