COMPANY'S PROFILE
掲載企業詳細
株式会社カネカ素材・工業・化学

『カガクでネガイをカナエル会社』

カネカは、衣食住から医療まで幅広い事業を展開しています。


トップクラスのシェアを誇るコエンザイムQ10やモバイル機器に欠かせない電子材料、さらにはアフリカの女性に大人気のカネカロン(ファッションウィッグ)なども世界へ届けています。


これからも私たちは、4つの”Solution Unit” (”SU”)「Material SU」「Quality of Life SU」「Health Care SU」「Nutrition SU」を事業ドメインとし、様々な優れた技術と素材開発を進めるとともに、時代のニーズに応えたソリューションを世界へ届けるメーカーを目指します。

◆人々の生活をさえる4つの事業

【Material Solutions Unit】

身の回りにあふれている、今や生活になくてはならないプラスチック製品。その代表的な素材の一つが塩化ビニル樹脂です。

カネカは、国内に先駆けてその量産を開始し、塩化ビニルモノマーからポリマー、特殊塩ビ樹脂まで一貫生産しています。

また耐熱性や耐候性、難燃性、弾性などの機能をもった樹脂の開発もカネカの強みの一つ。

建築分野や自動車、家電、情報機器など、幅広い分野で新たな暮らしのシーン演出しています。


【Quality of Life Solutions Unit】

緩衝包装材や自動車部材、住宅の断熱材などで使用される発泡樹脂は、「食・住」分野の隠れた主役として人々の生活に密着しています。樹脂の種類や成形方法、発泡倍率を変えることで、さまざまな機能をもった成形品を実現しています。

また、エレクトロニクス製品の進化にも、化学が大いに貢献しています。

情報機器の世界では、発生する熱をいかに効率よく排熱させるかという熱対策が喫緊の課題。カネカは独自技術を駆使し、先進の「サーマルソリューション」の開発・提供に取り組んでいます。

この他にも、世界でも特色ある繊維である「カネカロン」は多様な品揃えと最終製品までの開発を含めた、消費地密着型の充実したフォロー体制を築いており、アフリカのウィッグ市場において熱烈な支持を受けています。


【Health Care Solutions Unit】

21世紀のライフサイエンスには、化学によるアプローチが求められています。

カネカは高分子とバイオの2つの基幹技術を基盤に、医薬品バルクや中間体、血液浄化システム、血管内治療用カテーテル、バイオ医薬品、再生・細胞医療関連分野などで世界の医療の発展に貢献しています。

常に医療現場の声に耳を傾けているカネカ。優れた機能性と高い品質を通じて、先端医療を支えています。


【Nutrition Solutions Unit】

カネカは、製パン・製菓用を中心とした食品加工素材市場で高いシェアを誇っています。

「化学メーカー」と「食品」の組み合わせは意外かもしれませんが、食品の分野で培った研究開発力が、サプリメントや肥料といったバイオ技術をベースとする新たな製品開発へと繋がっています。

今後も、めまぐるしく変化する消費者の嗜好やニーズに対して、おいしさと機能を兼ね備えたカネカ素材で応え続け、食文化の創造に貢献すると共に、疾病予防・健康増進や農業・畜産の生産支援に寄与するソリューションを提供します。

◆先端の技術革新

化学・高分子からバイオ、さらにはエレクトロニクスまで非常に幅広い技術領域を持つカネカが取り組む課題は2つあります。


ひとつは部門の壁を越えたネットワーク型連携であり、もうひとつが自前主義を脱したオープンイノベーションの推進です。


カネカの新製品・新技術の研究開発を担う「Material Solutions Research Institute」「Health Care Solutions Research Institute」

をはじめに、各研究部門がコーポレート(基礎研究)・事業部(開発)の垣根を越えて新しい価値・ソリューション提供を目指します。


また、大阪大学やテキサスA&M大学(米国)、Imec(ベルギー)など国内外の外部機関との連携を推進しています。

企業情報
会社電話番号0662265050
住所530-8288 大阪府 大阪市北区中之島2-3-18中之島フェスティバルタワー
トップへ戻る