ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/02/26

特技がないあなたに!面接での特技の答え方とは?【例文付き】

面接で聞かれる質問のひとつ、「特技」。この質問に頭を悩ませる就活生も多いのでは?「特技と呼べるものが自分には何もない…」「そもそも特技ってどのくらいのレベルのもの?」と悩んでいる方に、特技の見つけ方から効果的な答え方まで解説します!
特技がないあなたに!面接での特技の答え方とは?【例文付き】

FOLLOW US

InstagramLine

そもそも面接官が特技について聞く意図は? 

面接官が特技について質問する意図は2つあります。

1. 「人となり」を知るため

まず履歴書や第一印象からは分かりにくい、就活生の人柄を知るためです。特技については、自分の好きなことなので、話しているときに人柄が伝わってくるものです。面接官は特技を聞いておくことで、一緒に働く上で「どんな人か?」を知りたいのです。人間性や人柄など内面を深掘りして見ている場合があります。ただし、企業側が特技に関する答えを合否の判断に加えることはまず考えられませんので、あまり神経質になる必要はありません。

2.場を和ませてリラックスさせるため

就活生はだれでも企業の面接では緊張するものです。そんな就活生の緊張を和らげるために、あえて学生が話しやすそうな話題を振ってくれることがあります。面接官にしても緊張でガチガチになっている学生とは話しにくいはずです。面接の最初でリラックスしてほしいという気持ちがあるのです。緊張をほぐすことで、履歴書では分からないその学生の素の姿を見たいと思っている可能性があります。

※15分でわかる対策資料で、「面接」を徹底対策したい方はこちら↓
インターン・本選考に向けた「面接」対策資料はこちら

※先輩内定者との「模擬面接」で面接対策を完璧にしたい方はこちら↓
「模擬面接」で面接対策を完璧にする

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける