ARTICLE
記事詳細

コラム
2019/09/20

女性向け!就活の服装選びのコツ

就活では、見た目の第一印象が特に重要です。面接時の印象を良くするためにも、服装には細心の注意を払わなければいけません。ここでは女性向けに、就活における服装選びのコツについて、解説していきます。
女性向け!就活の服装選びのコツ

FOLLOW US

InstagramLine

女子就活生向け!面接の髪型のポイント

就活における面接時の髪形のポイントは、髪色と長さについての2点あります。それぞれについて、ご説明しましょう。


1点目は、髪色についてです。就活では、髪は黒色に保ちましょう。少しでも髪色が明るければ、不真面目・不清潔などの評価がつきかねません。真面目さ・清潔さを出すために、髪色は黒くしましょう。


2点目は、長さについてです。就活では、顔が髪によって隠れないようにしましょう。髪によって顔が隠れてしまうと、不清潔・暗いといったマイナスの評価がつきかねないからです。長髪の場合は、黒色のゴムで後ろに1本で結んでおきましょう。前髪は、目にかからないように短く切るか、横に流すようにします。面接では、お辞儀や相槌など、頭を動かす動作を頻繁に取ります。その際、髪が顔にかからないように整えておくことが重要です。なぜなら、動作を終えた後、逐一髪を整えていては、面接官に悪い印象を持たれてしまうからです。


以上2点のポイントを押さえて、印象の良い髪型で臨むようにしましょう。短い髪から長い髪まで、女性には様々な髪形が認められます。華やかになり過ぎないよう注意しましょう。

女子就活生向け!面接メイクのポイント

面接メイクのポイントは、濃さと色についての2点あります。それぞれについて、ご説明しましょう。


1点目は、濃さについてです。面接では、女性はナチュラルメイクを心がけましょう。濃すぎても、薄すぎてもいけません。適度なナチュラルメイクを心がけることは、見た目の印象が良くなるため必要なのです。


2点目は、色についてです。面接では、女性は緑・紫・紺などの色のメイクは避けましょう。なぜなら、暗い印象になりがちだからです。また、赤色などの濃い色合いも避けた方が良いでしょう。派手な印象を持たれことは、就活ではあまり良くないからです。特にアイメイクは、派手になりがちなので注意しましょう。お勧めの色は、肌になじみやすいベージュやブラウンです。志望の業界によって、多少の華やかさが必要な場合は、薄いピンクやオレンジを使っても良いでしょう。


以上2点のポイントを押さえて、印象の良いメイクで臨みましょう。女性らしさをアピールするためにも重要です。

女子就活生向け!面接で気を付けたいシャツ・ブラウスのポイント

面接で気を付けたい女性のシャツ・ブラウスのポイントは、色、柄、デザインについての3点あります。それぞれについて、ご説明しましょう。


1点目は、色についてです。就活で着用するシャツやブラウスの色は、必ず白色にしてください。なぜなら、それ以外の色を着用すると、マナー違反と見られることがあるからです。白色のシャツやブラウスは、学生らしいフレッシュで清潔感ある印象を与えることができるため、必ず着用をするようにしてください。


2点目は、柄についてです。就活で着用するシャツやブラウスは、柄のない無地タイプを選ぶようにしましょう。なぜなら、柄があると、不真面目や派手という印象を持たれる恐れがあるからです。


3点目は、タイプについてです。就活では女性用のシャツやブラウスが多く存在します。就活でお勧めであるのは、ボタンが上まで閉まるシャツタイプと、1番上のボタンがないスキッパータイプのものの、いずれかです。襟がないカットソーや、フリル付きのタイプは避けた方が良いでしょう。ボタンが上まで閉まるシャツタイプのものは、真面目な印象を持たれやすいです。1番上のボタンがないスキッパータイプのものは、襟元がすっきり開いているため、明るい印象を持たれやすいです。


以上3点のポイントを押さえて、自分のアピールポイントと志望業界に適したシャツ・ブラウスで臨みましょう。

女子就活生向け!スーツ・ジャケットのポイント

面接時に女性が気を付けるべき、スーツ・ジャケットのポイントは、色、柄、デザインについての3点あります。それぞれについて、ご説明しましょう。


1点目は、色についてです。面接時に着用すべきスーツは、黒い色のものです。他に、グレーやネイビーなどがありますが、派手な印象を持たれる可能性もあるため、あまりお勧めできません。黒色のスーツは、就活において最もスタンダードなものであるため、真面目な印象を持たれやすいのです。


2点目は、柄についてです。面接時に着用すべきスーツは、無地のものです。ストライプやチェックのスーツなどもありますが、やはり派手な印象を持たれる危険性があります。無地のスーツは、就活において真面目な印象を持たれやすいためお勧めです。


3点目は、デザインについてです。面接時に着用すべきスーツは、スタンダードなデザインのもので、ボタンの数は2つであることがお勧めです。袖口を折返すタイプや裾がフレアタイプのものは避けましょう。スタンダードなデザインであれば、派手な印象を持たれることがありません。ボタンの数は、2つのもの以外に、1つや3つあるタイプがあります。ボタンの数が1つであるとカジュアル過ぎる印象を持たれがちです。ボタンの数が3つであれば、固い印象を持たれやすくなります。


以上3点のポイントを押さえて、好印象が期待できるスーツ・ジャケットで臨みましょう。

面接時のスカート選びのポイントを述べる

面接時に女性が気を付けるべきスカート選びのポイントは、色、柄、デザイン、丈についての4点あります。それぞれについて、ご説明します。


1点目は、色についてです。面接時に着用すべきスカートは、黒色のものです。グレーやネイビーは、派手な印象を持たれることもあるためあまりお勧めできません。真面目な印象を与えるためにも、黒色のものを選ぶことをお勧めします。


2点目は、柄についてです。面接時に着用すべきスカートは、無地のものです。ストライプやチェックの柄は、派手であるという評価がつく恐れがあります。就活では真面目さを演出するために、スカートは無地タイプを選びましょう。


3点目は、デザインについてです。スカートには主に、タイト、台形、フレアという3タイプが存在します。お勧めは、タイトスカートです。なぜなら、就活において最もスタンダードなタイプであるからです。タイトスカートは、真面目な印象を与えることができるためお勧めです。他には、動きやすさの観点から、台形タイプのスカートを選んでも良いでしょう。フレアタイプは、派手な印象を持たれがちなため、お勧めできません。


4点目は、丈についてです。面接時に着用すべきスカートは、膝が隠れる丈のものです。購入時には、丈に注意するようにしましょう。膝が隠れる丈にすべき理由は、立ち姿の印象を良くするためと着席時の印象を良くするための2つあります。1つ目は、立ち姿の印象を良くするためです。膝が隠れる丈のスカートは、短すぎず長すぎないため、好印象を与えやすいです。2つ目は、着席時の印象を良くするためです。膝が隠れる丈のスカートは、着席時に裾が上がっても、露出を抑えることができます。


以上4点のポイントを押さえて、面接時に適切なスカートを着用するようにしてください。スカートは、女性らしさを演出する重要なアイテムです。華やか過ぎず暗くなり過ぎないよう注意してください。

面接時のパンツスーツ選びのポイントを述べる

面接時の女性のパンツスーツを選ぶ際のポイントは、色、柄、デザイン、丈についての4点あります。それぞれについて、ご説明しましょう。


1点目は、色についてです。面接時のパンツスーツは、黒色のものを選びましょう。なぜなら、最もスタンダードな色であるからです。派手さや不真面目さが見受けられるような、グレーやネイビーなどは避けた方が良いでしょう。


2点目は、柄についてです。面接時のパンツスーツは、無地のものを選びましょう。ストライプやチェックなどの柄があるものは避けましょう。なぜなら、派手で不真面目であるという印象を持たれやすいからです。無地のものであれば、失敗もありません。


3点目は、デザインについてです。パンツスーツには、主にタイトタイプとフレアタイプのものがあります。どちらを選んでも問題はありません。しかし、タイトタイプの方がよりすっきりした見た目になるためお勧めです。


4点目は、丈についてです。パンツスーツの購入時は、靴を履いたうえで長さを調整するようにしましょう。パンツスーツの丈はヒールの高さに合わせて、調整します。面接時に履くものと同じ靴を履くようにしてください。


以上の4点を抑えて、適切なパンツスーツで臨むようにしましょう。パンツスーツは、スカートと比較して、さばさばしている、てきぱきと動くのではないか、などの印象を持たれやすくなります。志望する企業と自分のアピールポイントを鑑みて、スカートを着用するかパンツスーツを着用するかを選択しましょう。迷った場合は、失敗のない服装であるスカートを着用するようにしてください。

夏場に気を付けたい、女性向け面接の服装マナー

夏場に就活を行うこともあります。夏場に面接を受ける際に注意すべきことは何でしょうか?女性の服装のポイントとして、ジャケット、シャツ・ブラウスの2点を挙げてご説明していきます。


1点目は、ジャケットについてです。夏場の面接においても、必ずジャケットを着用するようにしてください。なぜなら、ジャケットを着用しないことはマナー違反であるからです。無礼な印象を持たれないようにジャケットは必ず着用すべきです。また、ジャケットは企業側から提案がない限りは脱がないように注意してください。夏場においては、裏地が薄く作られている夏用のジャケットを着用することがお勧めです。


2点目は、シャツ・ブラウスについてです。シャツ・ブラウスは夏場でも白色無地の長袖タイプを着用してください。例えば半そでタイプを着用することは、カジュアルな印象を持たれやすいためお勧めできません。


以上2点のポイントを守って、夏場でも正しい服装で臨んでください。どれだけ暑くても、ビジネスマナーを守ることは必須です。見た目が乱れないよう、場合によって冷感・消臭・制汗グッズなどを使うようにすることもお勧めです。

冬場に気を付けたい、面接向けのコートマナー

冬場に就活を行う場合もあります。冬場は寒いため、防寒のためにコートを着用することになります。ここでは冬に使う女性のコートについて、面接時に注意するべきポイントを、色、柄、タイプ、丈のそれぞれについてお伝えします。


1点目は、色についてです。面接時に着用するコートは、黒、紺、ベージュのいずれかがお勧めです。最もお勧めであるタイプは黒色です。黒色は目立ちにくく最もスタンダードなタイプであるため、失敗が起こりにくいからです。


2点目は、柄についてです。面接時に着用するコートは、無地のものを選びましょう。中には、ストライプなどの柄入りのものも存在しますがお勧めできません。コートは、あくまで防寒着であるため目立たない方が良いからです。


3点目は、タイプについてです。面接時に着用するコートは、トレンチタイプを選ぶようにしてください。他に、ダッフルタイプやチェスタータイプがありますが、ビジネスの場に最も適しているのは、トレンチタイプとなります。


4点目は、丈についてです。面接時に着用するコートは、スカートと同じくらいの膝丈にしましょう。短すぎたり長すぎたりすることはいけません。なぜなら、カジュアルな印象を持たれる恐れがあるからです。


以上4点のポイントを守って、冬場に着用するコートにおいても適切なものを選ぶようにしてください。

優秀な内定者から、ES添削を受けませんか?

en-courageは日本最大のキャリア支援NPO法人です。全国47都道府県72大学で活動しており、2019卒の就活生は16,000人が利用しました。
en-courageでは、1年早く就職活動を終えた同じ大学の先輩が、ESの添削を行なっています。
ESを添削するのは、各業界の優秀な内定者。
自分の経験や実際に選考を通過した実績を踏まえて、あなたの書類選考通過を徹底サポートします。en-courageに登録して、メンターのES添削を受けて見ませんか?
ES添削を受ける