ARTICLE
記事
人気記事・オススメ記事
公開日 : 2021/11/16
就職は大手/ベンチャー?リクルート/ベンチャーを経た女性マーケターが語る、市場価値を高める裁量権
今回お話しを伺ったのは、株式会社ブリーチでグロースハックマーケターを務める堀切雅さん。人気大手企業/ベンチャー企業の双方でキャリアを歩まれた堀切さんに、大手/ベンチャーの違いや、市場価値を高めるキャリアについて伺いました。
PR 株式会社ブリーチ
目次
大手/ベンチャーを経験して感じた、環境の違い
自らの市場価値を上げる「真の裁量権」
ブリーチで得られる裁量権とは?
より多くの情報を得て、後悔のないキャリア選択を

大手/ベンチャーを経験して感じた、環境の違い

―堀切さんは前職のリクルート(旧:リクルートライフスタイル)を経て、その後ブリーチへ中途入社されたと伺っています。どういったお考えで、転職を決断されたのでしょうか。

堀切:簡単に言えば、より裁量権の大きな環境で成長したいと考えたからです。

元々私は長期的なキャリアとして、市場価値を上げ、自分の周りに仕事が集まってくるような人になりたいと考えていました。

そのためにもまずは社会人としての基礎を身につけるべきと考え、新卒の就職活動では環境の整った大手企業(リクルート)を選びました。

しかし3年ほど過ごし、ある程度成果が出せるようになって気づきました。
仕組みが整った環境で成果を上げても、市場価値は上がるのか?

仕組みがない中でも成果を出せられる。そういう人にこそ仕事が集まり、市場価値が高まるはずだと思ったのです。

そう考え、ベンチャー企業に絞って転職活動を行い、特に「ビジネスモデル」や「社内風土」などによって、最も挑戦できる環境/市場価値を上げられる環境だと感じ、ブリーチへの入社を決めました。

―大手かベンチャーか、というトピックは、就活生も気になるところだと思います。両方を経験されて、環境や得られるキャリアにはどんな違いがあると感じられましたか。

堀切:そもそも、求められる役割が大きく異なります。

大手企業では、仕組みがある中で、自分の業務精度をどこまで高められるか?を求められます。営業職でしたが、営業時のトークスクリプトやツール、推奨される営業ルートなど、成果を出すのに必要なあらゆるものが整備されていました。

会社が用意してくれたものの通りやれば、一定の成果が保証されている状態です。

その中で、いかに早くその仕組みを使いこなすことができるのか、精度を上げられるか?が求められていた印象です。

一方でベンチャー企業では、仕組みがない中で成果を出すのはもちろん、同時に成果を出せる仕組みを作ることも求められます。

例えば、会社にとって前例が無い、全く新しい領域に挑戦することもあります。ノウハウなどなく、知見を持っている人もいない。

その中で、成果を生み出すための方法をゼロから考えて、実践・検証し、成果を生み出すことが求められます。また、成果を自分一人のモノにするのではなく、事例を仕組み化し、社内へ還元。個人の成果を組織全体で出せるよう働きかけていくのです。

会社が用意してくれるのではなく、自らが作り上げる。それがベンチャーでは求められている印象です。

<インタビュイープロフィール>
堀切 雅(ほりきり・みや) マーケティング事業部 グロースハックマーケター

早稲田大学卒業後、リクルート(旧:リクルートライフスタイル)にて営業活動に従事。作られた仕組みで成果を出すのではなく、仕組みを創る側になりたいと考え、社員数十名のブリーチへジョイン。グロースハックマーケターとしてクライアントの売上アップに貢献、クライアントを巻き込みながらマーケティング戦略の企画から実行まで行う。

自らの市場価値を上げる「真の裁量権」

―市場価値を上げたい、早期に早く成長したい、という就活生は非常に多いと思いますが、そうした方は大企業/ベンチャーのどちらを選ぶべきだとお考えですか。

堀切:正直、どちらを選ぶべきという回答は難しいです。先ほど述べた通り、求められる役割が違うので向き不向きがあると考えます。

しかし「市場価値を上げる」という観点で考えると、大企業/ベンチャーを問わず「自分で考えて、行動して、成果を出す」環境を選ぶべきだと思います。

そもそも市場価値が高い人とはどんな人でしょうか。より大きなことを成し遂げている人、より大きな成果を生み出している人と言い換えてもいいかもしれません。

すると、新たな事業を作り上げる人、部署の責任者として活躍する人、またビジネスを自ら興し起業する人、そうした人たちを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

そうした人の仕事に共通しているのは、不確実な環境の中で、自ら考えて行動し、成果を生み出すことです。

例えば、先程お話しした大手企業における営業職の仕事は、自分一人の営業成果という狭い範囲を目標に活動していて、業務の仕組みも整っているので、たとえ成果を大きく出せていたとしても、思考の幅は大きくなく、行動はある程度定義されています。

一方で、その営業職を取りまとめている営業部責任者の仕事はどうでしょうか。営業部全体の売上というより大きな目標を持ち、また、メンバーのマネジメントや、部署自体の成長戦略立案など、より不確実で難易度の高い課題に対する思考と行動が求められます。

新規事業責任者や経営者についても同様に、前例や仕組みがない中で高い成果を生み出す能力が求められるのは、なんとなく想像がつくと思います。

より市場価値の高い人材には、不確実性の中で成果を出す能力が求められる。そこでは、決まりきったやり方や仕組みがないことがほとんどです。

なので、市場価値を上げたい人は「仕組みの中で成果を出す能力」を身につけるよりも「仕組みがない中で、自分で思考/行動して、成果を出す」この能力を得られる環境、つまり、裁量権を得られる環境を目指すべきだと考えているんです。

―市場価値の高い人は、仕組みがない中で成果を出す能力を持っている。そう考えると、先程の比較で言えば、どちらかと言えばベンチャー企業に行く方が市場価値を高められそうですね。

堀切:そうですね。ただ、就職活動においては、大手/ベンチャーという枠組みにとらわれずに、裁量権が得られる環境なのかどうかを判断すべきだと思います。

一般的には、ベンチャー企業=裁量権がある、と捉えられがちですが、ベンチャー企業でも、与えられた範囲内で業務を遂行することが求められる、裁量権の少ない会社もあると思います。

また、「子会社社長」や「新規事業」という枠組みでの採用を行なっている企業もありますが、実態は、経営陣のコントロール下で決まった枠組みの中での事業運営を担当させられるという環境もあります。そうした環境では、十分な裁量権を得ることはできません。

大手/ベンチャーという枠組みや、わかりやすい肩書きにとらわれるのではなく「自ら思考し、行動する余地」が本当にある環境、役割なのかどうかを精査することが重要だと思います。

早期に成長を求められるのであれば、その環境が新卒1年目からあるのかどうか?も見てみるべきだと思います。

ブリーチで得られる裁量権とは?

―裁量権を求めて転職活動を行い、結果ブリーチに入社された堀切さんですが、ブリーチではそれが得られる環境だったのでしょうか?

堀切:手前味噌ではありますが、「自分で考えて、行動して、大きな成果を出す」環境であることは間違いないと思います。

その理由となるのが、ブリーチが行う「シェアリング型統合マーケティング事業」のビジネスモデルです。

一般的な広告会社やマーケティング企業では、商品/サービスのマーケティングにかかる費用はクライアントが負担し、マーケティング施策を実行します。

こうした仕組みにおいては、例え成果が出なくても、マーケティング企業がリスクを背負うことはありません。

一方ブリーチは、マーケティングにかかる費用と裁量をブリーチが背負い、商品が売れれば、その売上の一部をシェアしていただく仕組みで事業を行なっています。

商品が売れなければ大きな損失を生むというリスクを背負いながらも、商品が売れ続ければ、クライアントも私たちも多くの利益を得ることができます。

いわば、その商品の責任者と同じ視座でマーケティング活動を行う仕事です。

堀切:私もこれまで、数多くのクライアントに携わってきましたが、それぞれに決まったやり方があるわけでもなければ、同じやり方がいつも通用するわけでもありません。

マーケティング企画をいくつも立案し、実行する。もちろん、上手くいくものもあれば、失敗するものもあります。「なぜ売れたのか?/なぜ売れなかったのか?」何度もPDCAを回しながら、その商品にとって最適なマーケティング施策を模索していくのです。

まさに、一つの会社の売上を上げるための全てのプロセスを実行していく仕事だと思いますし、それを様々なクライアント/商品で経験することで、不確実性の中で成果を生み出すために思考し行動する、という能力を身につけられると感じています。

―ゼロから思考/行動して、成果を生み出すプロセスを実行していく。まさに先程おっしゃっていた「裁量権」が得られる環境ですね。

堀切:そうなんです。また、ブリーチという会社自体が、一人ひとりのメンバーが裁量権を持って、思考/行動することの重要性を理解、推奨している環境なのです。

弊社では「頭脳労働」と呼んでいますが、私たちの仕事は、自分の施策やアイデア次第でクライアントの売上を大きく左右できるもの。考え、行動する気概があれば、年齢や性別などは関係なく活躍できる仕事です。

だからこそ、一人ひとりがその重要性を知って、より大きな成果を生み出せるように、思考/行動を研ぎ澄ませていく必要があります。

そうした背景で、新卒/中途や男性/女性なども関係なく、あらゆる社員に積極的に大きな裁量権を与えることを推奨しているのです。

若手社員であっても、責任者としてクライアントの成果を任され、自らの裁量で数億円という規模のマーケティング施策を行っているのも、まさにその期待の現れだと思いますね。

より多くの情報を得て、後悔のないキャリア選択を

―一つの会社の売上を上げる全てのプロセスに携わる業務。また、若手に裁量権を持たせることを良しとする社風。成長環境として、非常に魅力的だと感じます。

最後に、就活生へのメッセージをお願いできますか。


堀切:ブリーチという会社は、私と同じように、早くから成長して市場価値を高めたいというキャリアイメージを持つ人にとっては、非常に適した環境だと思います。

今回私のお話を通じて、少しでも興味を持っていただいた方は、説明会やイベントで、ブリーチのことをより詳しく知っていただきたいなと思います。

一方で、就活生の皆さんには、視野を狭めずに、いろんな選択肢を見ながら進めてほしいなと思います。

私自身、学生時代は大手企業だけを考えて就職活動をしていました。もちろん、大手企業で得られたものもたくさんあったのですが、新卒でブリーチのような会社に出会っていれば、「自分で大きな成果を生み出す力」をより早く身につけられたのだろうなと、若干の後悔も感じています。

ぜひ皆さんには、色々な情報を得て、自分が本当に納得できるキャリアを選ぶための就職活動をしてほしいなと思います。

―堀切さん、本日はありがとうございました。

EVENTS
開催イベント
トップへ戻る