%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

COMPANY PROFILE| 掲載企業詳細


%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

国立研究開発法人理化学研究所

事務系職員として科学技術の発展・振興に貢献してみませんか?

理化学研究所(理研)について

 科学技術の向上を目的に物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学等基礎から応用まで幅広い分野で研究活動に取り組んでいる、日本で唯一の自然科学の総合研究所です。1917年に財団法人として創設され、2017年に創立百周年を迎えました。戦後、特殊法人等を経て、2003年に文科省所轄の独立行政法人として再発足し、2015年に国立研究開発法人、2016年に特定国立研究開発法人になりました。国や社会の要請に対応する世界最高水準の研究開発成果を生み出し、我が国のイノベーションを強力に牽引する中核機関として活躍することが期待されています。
 埼玉県和光市に本部を構えていますが、茨城県つくば市、神奈川県横浜市、兵庫県神戸市、兵庫県佐用郡佐用町、大阪府吹田市、東京都中央区、宮城県仙台市、けいはんな学研都市のほか海外(イギリス、アメリカ、シンガポール、中国、ベルギー)に拠点があります。

日本の科学技術を支える仕事です

理研では、世界トップレベルの研究活動を行っています。そこでは「研究活動以外のすべて」を担う【事務系総合職】の役割が重要です。

事務系総合職には、経営企画、国際協力、広報、総務、人事、調達、経理、知的財産など幅広い業務がありますが、約3年ごとにローテーションを行い、その中で適性を見出しながらキャリアを構築していくのが通常です。入所してから一定期間は理研を広く知り、本人の適性を見極めるための期間としてさまざまな部署を回ります。一定の経験を積んだ後は、本人の適性を考慮し、より深い知識に基づいた専門性の高い業務を担当することになります。
例えば、理研で行うべき研究を検討し、国との折衝を通じて研究予算を確保する仕事。企業や大学との架け橋として、共同研究や産学官連携の推進役となる仕事。さまざまな人に科学技術の理解を深めてもらうため、企画立案や運営を担う仕事。このように、事務系総合職の仕事は多岐にわたり、文系・理系といった専攻に関わらず、総合職という広い枠組みの中で活躍できます。

企業情報

企業名

国立研究開発法人理化学研究所

従業員数

3,531名(うち事務系職員517名)※2018年4月現在

事業内容

物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を行う公的研究機関

URL

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp71679/outline.html