%e4%ba%ba%e4%ba%8b wantedly mv p2%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

COMPANY PROFILE| 掲載企業詳細


Leva

レバレジーズグループ

社会課題の解決に取り組み、 関係者の幸福を追求し続ける

国・業界をまたいで事業を展開、若手に最大限の裁量を

 「関係者全員の幸福の追求」という理念のもと、若手に最大限の成長機会を与え、創業以来14年連続増益を遂げてきたレバレジーズグループ。創業わずか15期目ながら売上高342億、IT・医療・介護・若年層を中心とした人材事業や、Webメディア事業、M&Aコンサルティング事業など、社会貢献を軸に様々な領域でこれまで30以上のサービスを展開。
 2018年からは国外事業を拡大させ、インド、シンガポール、メキシコ…と2ヶ月で1拠点のペースで進出を果たし、各国での社会問題の解決に向けた事業開発を積極的に行っています。この先も社会の変化に応じて必要とされる領域で、社会的意義と広がりのあるビジネスを展開していきます。

事業創造のプロフェッショナルが揃う、オールインハウス組織

 日本国内での事例がまだ少ない、事業開発におけるスペシャリストがすべて社内にいる環境。これがレバレジーズが誇る組織体系のオールインハウスです。グループには事業創造のプロフェッショナルが集結しており、事業造りにおいてはどこよりもスピーディで強い集団です。この創業以来培われてきた開発力、Googleも注目したマーケティングノウハウを融合させ、全てのステークホルダーとWin-Winの関係を築く事業を次々と展開しています。
 また、営業、マーケター、エンジニア、デザイナー、事業企画、データアナリストなど、あらゆる職種のスペシャリストが全て社内に揃う多様性溢れるこの環境だからこそ、人を統括するジェネラリストや世界レベルのスペシャリストなど、自身の職能を縦にも横にも伸ばすことができます。

チャンスは一年目から、年次や経験に関係なくチャンスは平等に

 多方面にわたる積極的な事業開発・グループ経営を行うレバレジーズでは、まるで創業期のように新しいポジションが次々と生まれています。成熟・衰退期に入った大企業では、上位ポストが空かないために若手の成長機会が生まれにくいという問題が指摘されますが、レバレジーズでは、年間約10個の新規事業が誕生。規模やフェーズの異なるベンチャー企業が社内にいくつも存在しているイメージです。
 またレバレジーズグループでは、日本全国への支店拡大、新規事業の創造、25拠点への海外展開など、そのポジションや事業インパクトを短期間で一層拡大していく最中にあり、そこを担うチャンスは年次や経験に関係なく開かれています。若い人材に最大限の裁量をわたすことで、ロボットやAIの登場、移民の流入といった変化の波の中でも勝ち抜ける人材を長期的な視点で育成していきます。

外資系企業のようなカジュアルな雰囲気の中、自由度の高い働き方

 先制・再生医療など従来とは全く異なる分野への多角的な新規参入を図っています。市場を国内に限定せず、グローバル展開を進めており、シンガポール・メキシコにも拠点を開設。ユーザーと顧客企業に対してWIN-WINの関係を築いていきながら、付加価値の高いサービスを展開しています。今後の戦略のキーワードとして、「これまでのノウハウを活かした新規メディアの創造」、「環境、医療ビジネスなど日本や世界のトレンドに対する解決策の提示」、「日本での成功モデルのグローバル展開」の3点を掲げ、未来のレバレジーズを創る段階に足を踏み入れています。

顧客の幸福の追求を目指し、付加価値の高いサービスの創造へ

事業部・職種間の情報の共有活動や社内勉強会を積極的に行っており、モチベーションが高いメンバーと切磋琢磨し成長するための制度や仕組みがあります。

▼事業部間交換留学制度
他の事業部のナレッジを吸収することや 自部署で培った情報を共有することで自他ともに成長することができる制度。 他事業部のMTGに参加したり、他事業部の社員に同行することで、ナレッジを吸収し、自身・自事業部のスキルアップを実現するとともに、事業部を越えた連携や情報共有を強化することを目的としています。

▼社内勉強会
 自身・自事業部のスキルアップや事業部を越えた連携や情報共有を目的に、月に一回行われる社内向け勉強会。以下は実際に行われた勉強会です。
「外資系保険営業にて、2年連続1200人中1位に君臨するトップ営業マンのスタンス」、「女性活躍社員が語る、プライベートと仕事に対する考え方」、「わずか1週間で簿記2級を取得した東大生が伝授、リピード勉強術の勧め」など、社内外から講師を招き、組織全体でスキルアップを目指しています。

▼ヒカ☆ラボ
エンジニア領域の方々のスキルアップを目的とした勉強会を月に3,4回開催しており、社員は自由に参加が可能です。各ベンチャーのCTOや業界で著名なエンジニアが登壇、専門分野について語って頂きます。エンジニアだけでなく、ディレクター、セールス等幅広い業種の方々にも好評です。https://career.levtech.jp/hikalab/

企業情報

企業名

レバレジーズグループ

代表者氏名

岩槻 知秀

従業員数

990

平均年齢

26歳

設立年月日

2005-04-06

事業内容

【レバレジーズグループの事業内容】

 「関係者全員の幸福の追求」という理念のもと、若手に最大限の成長機会を与え、創業以来14年連続増益を遂げてきたレバレジーズグループ。創業わずか15期目ながら売上高342億、IT・医療・介護・若年層を中心とした人材事業や、Webメディア事業、M&Aコンサルティング事業など、社会貢献を軸に様々な領域でこれまで30以上のサービスを展開。
 2018年からは国外事業を拡大させ、インド、シンガポール、メキシコ…と2ヶ月で1拠点のペースで進出を果たし、各国での社会問題の解決に向けた事業開発を積極的に行っています。この先も社会の変化に応じて必要とされる領域で、社会的意義と広がりのあるビジネスを展開していきます。

【レバレジーズグループについて】
 創業から事業ポートフォリオ戦略をとり、さらにグループ経営により、ベンチャーのスピード感を維持したままグループ全体の規模を拡大・成長させています。2005年にレバレジーズが創設されて以後、2015年には「レバレジーズキャリア(株)」、2017年にはエンジニア向けの人材支援をに担う「レバテック(株)」、その翌年には医療向けの事業所支援を行う「レバレジーズメディカルキャリア(株)」を設立。現在、国内外に21の拠点を構えています。

資本金

5千万円

売上高

342億円

URL

http://www.leverages.jp/

郵便番号

150-851

都道府県

東京都

市区町村

東京都渋谷区

その他住所

渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 17F