%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 06 05 13.03.30

COMPANY PROFILE| 掲載企業詳細


459378

株式会社サイバーエージェント

21世紀を代表する会社を創る

サイバーエージェントの強み

(1)新規事業を生み出す仕組み
「あした会議」や「ジョギつく」などの社内制度が整っています。受賞者には子会社の社長や事業責任者を任せることもあり、社内には常に”新しいものを生み出していく”活気があります。他にもK点チェック、信号制度、ダカイゼン会議など様々な社内制度が整っています。

(2)明確な撤退ルール(組織が変化に対応する力)
事業評価制度「CAJJ」では事業のフェーズを5つに分け、昇格や撤退基準を明確にすることで事業を拡大させる仕組みを設けています。そこでは、サッカーにおけるJ1、J2のように各事業にランク付けを行います。事業開始後に2年以内の黒字化を目指し、黒字化に至らなかった場合には撤退または事業責任者交代となり、事業の成長状況に応じて最善の対応が出来るようになされています。

(3)頑張り続けられる社員
社員を大切にしようとする組織文化や企業マインドが全社に浸透しているため、不思議なほど社員にやる気があります。

主な事業内容

【主な事業内容】
(1)Ameba事業
AmebaはWebサイト訪問者数ではGoogle、Yahoo!などに次いで第5位、PV数ではYahoo!に次ぐ第2位を誇ります。特にスマートフォンの分野での売上高は43億(2012)から146億(2013)となっており非常に大きく伸びています。

(2)インターネット広告事業
国内売上高No.1を誇ります。特にスマートフォン広告を強みに圧倒的No,1目指します。
なお、スマートフォン広告市場におけるシェアは27%です。今後は各子会社の開発部門を統合したアドテクスタジオの設立により、開発組織を統合し各プロダクトの再強化を行います。

(3)SAP(ソーシャルゲーム事業)
ソーシャルゲームの作成を行います。例えば「ガールフレンド(仮)」やAppStoreで売上最高2位を獲得した「戦国火舞-KINZA-」などです。今後ネイティブゲームでの新たなヒットを狙います。なお、最近ではスクウェア・エニックス社提供の「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」も話題となっています。

企業情報

企業名

株式会社サイバーエージェント

業界名ITメディア、IT事業開発、IT広告代理店、ゲームアプリ、広告代理店
代表者氏名

藤田晋

事業内容

※こちら興味ボタンを押すと専用サイトにリダイレクトされますので、そちらにて必要事項のご記入をお願いします。

資本金

7,203百万円

都道府県

東京都