%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b93

COMPANY PROFILE| 掲載企業詳細


%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%a0%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

株式会社ドリコム

『発明を生み出す』次を見据える創造企業

『発明を産み出す』次を見据える会社

ブログ、ソーシャルラーニング、無料音楽ストリーミングアプリ。
今では当たり前になっているこれらのサービスを日本で最も早く開発リリースしているのがドリコムだ。
売り上げのみを追うなら、業界2番手、3番手を走れば良い。しかし、ドリコムは新しいものを作り続ける。

大切にしているのは「新しいものを産み出し、人をワクワクさせること。」
期待を超えるサービスを常に開発し続けるのがドリコムなのだ。

新規投資を可能にする〜収益の基盤〜

ドリコムには新規ゲーム開発ライン数は業界の中でもトップクラスに位置する。
すでにゲーム開発で実績を残しているドリコムには、IP(知的財産)の案件が転がり込むためだ。

ONE PIECE
ジョジョの奇妙な冒険
みんなのゴルフ

スマッシュヒットを生み出したドリコムの実績を買って、
さまざまな案件がドリコムに集まり、収益の基盤になっている。
国内1兆円の市場となったゲーム市場において、売り上げの上がるIPを獲得できる。
これが新規投資を可能にするドリコムの基盤である。

新規投資を可能にする〜人材の基盤〜

『若い人たちには、入社後5年以内で、成功体験を積める環境を用意する』
ドリコムでは、ゲームの強さから新規事業開発ライン数が多く、
そこには業界の中でも一線級の社員たちが開発をしている。
ではすでに収益を生み出している事業は誰が担っているのか。

ドリコムの現在の売り上げを作り上げているのは若手だ。
既存事業を「成長環境」ともみなし、そこでサービスのユーザーの動向や
ビジネスとは何かということを学ぶことができる。

2年目で年間10-30億の売り上げを産み出す事業のメインプロデューサー。4年目で子会社執行役員。
主要事業の相応のポジションで事業を学び、新規事業開発、新規タイトル開発で次世代の「発明」を産み出す。
これがドリコムの描くキャリアである。

企業情報

企業名株式会社ドリコム