株式会社ユーザーローカル

「ビックデータ×人工知能」を活用した大企業のマーケティング戦略パートナー

ビッグデータ解析×人工知能の先端企業!自社サービスで1000社以上の導入実績!独自技術で急成長、2017年3月マザーズ上場。

同社は、年間1000億PV以上アクセスログと60億件のSNSデータを調査、分析し、LINE・リクルート・内閣官房・ヤフー・カプコン・新生銀行・パナソニック・HIS・小学館・資生堂・サントリー・DeNAなど、日本を代表する企業のマーケティング活動を支援しています。

みなさんが見ているテレビCMの反響や、SNS上でのつぶやき、企業SNSアカウントからの発信がどれだけの人の目に触れているのか。いつもアクセスするWebサービスの人気のコンテンツはなにか。ユーザーローカルはみなさんがいつも利用しているWebサイトや ソーシャルメディアが「どんな人に」「どのように」使われているか 一目で分かるツールを提供しています。

■Webマーケティング支援ツール「User Insight」
■ソーシャルメディア解析ツール「Social Insight」
■人工知能チャットボット

AI領域は拡大が予想されている。手始めの2017年に始めたチャットボット。

チャットボットとは人間の代わりに、自動で会話対応してくれるプログラムのことです。

近年のスマートフォンの普及により、LINEやFacebookメッセンジャーなどのチャット型のコミュニケーションサービスが一般化したことから、マーケティング活用について検討する企業が増えてきました。チャットボットは、EC・予約サイト、ヘルプデスク、公共サービス・行政・インフラまで幅広いシーンで活用されています。

ユーザーローカルが保有している膨大なテキストデータをもとに応答するため、独り言のようなちょっとしたつぶやきに対しても多様なバリエーションの会話を実現できるため、ボットとの雑談を楽しむことができることも評価されています。

説明会ではAI/ビッグデータ/マーケティング業界での最先端の話も!

当社の創業メンバーで、前職ではみんなの就職活動日記(楽天株式会社)で営業やマーケティングを 担当した経験のある役員がご説明をさせていただきます。

当社の事業内容、キャリアイメージのご紹介はもちろん、

◆これからのマーケティングに重要なこと
◆インターネット、ビッグデータを活用した事業の立ち上げ方
◆企業選びで見るべきポイント

など、将来マーケティングやインターネット業界での活躍に興味のあるみなさんに少しでもお役に立てるようお話ができればと思っています。

就職活動のアドバイスがほしい、という方もぜひご参加ください。

企業情報

企業名株式会社ユーザーローカル
代表者氏名伊藤将雄
従業員数36名
平均年齢27歳
設立年月日2007-08-22
事業内容■ビッグデータ分析システムの研究開発
■Webマーケティング支援ツール「User Insight」提供
■ソーシャルメディア解析ツール「Social Insight」提供
■人工知能チャットボット運営
資本金5億9200万円
URLhttps://www.userlocal.jp/
郵便番号108-0014
都道府県東京都
市区町村港区
その他住所芝5-20-6 芝520ビル5F